Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

エコ偽装?エアコン省エネの実態

(・∀・)<省エネエアコンおすすめ!基準値では年に9ヶ月も使うことになってるからおトクだよ!

(・A・)<ちょっと待って!実態調査をしたところ、平均で5.5ヶ月しかないことがわかったよ
(・∀・)<でも、冷房は一日13時間、暖房は17時間も使うことになってるよ
(・A・)<これも実態調査では冷暖房とも一日5時間程度だったよ
(・∀・)<じゃあ実際の利用時間は少なかったってこと?
(・A・)<そう。関東地方では、実は8分の1程度しかなかった
(・∀・)<そんなこといったらエアコンが売れなくなっちゃうよ!
(・A・)<それだけでなく、二酸化炭素削減の試算にも使われているから、温暖化対策にも影響する

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

偽装商品でも必要です!国が偽装再生紙を受け入れ

紙を製造する製紙会社は「環境を守るために、新しく紙を作るときには40%分は古い紙を混ぜて作ります」と国に約束していました。
ところが製紙会社はその約束を守らず、古紙の配合率が40%よりも少なかったことが問題になっています。

この問題に怒った多くの企業は、「ウソをついたなら返品します」と言っています。一方、「紙がなくなると困るので国は返品をしない。その代わり環境活動に貢献しなさい」と指示しました。

この指示により、本当に製紙会社が環境に貢献するようになるかどうか注目されています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

偽装商品は要りません!偽装再生紙を返品へ

日本郵政株式会社の依頼ではがきを作っていた製紙会社「環境を守るために、新しく紙を作るときには40%分は古い紙を混ぜて作ります」と国に約束していました。
ところが製紙会社はその約束を守らず新しい紙の材料として古い紙を再利用した割合が40%よりも少なかったことが問題になっています。

この問題に怒って、買った紙を返品する企業が増えています。
そのためファイルやノートの生産が中止されるようになってきていて、これから品切れになることが予想されています。
また偽装問題への不安から、古い紙の割合が多い商品につけられるエコマークを外す企業が出てきています。

こうした行動が「環境対策のウソに巻き込まれて製品が売れなくなるぐらいなら、そもそも環境対策なんてやめてしまおう」という動きにつながってしまうのではないかと心配されています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

リサイクルはウソでした!古紙の配合率を偽装

私たちがふだん使っているはがきは、日本郵政株式会社が製紙会社に依頼して作られています。

製紙会社は「新しくはがきを作るときは、新しい紙を60%・リサイクルした紙を40%使います」と日本郵政に約束していました

ところが日本郵政が調べたところ、全ての製紙会社が約束を守っていないことがわかりました。新しいはがきのうち、古紙の配合率は最大でも20%程度でした。


食品の表示内容を偽装した「食品偽装」が問題視されるなか、今回の環境に関するウソは「エコ偽装」だという批判が出ています。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。