Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

【まとめ】「郵政・道路」の民営化ってなに?(財投編)

(・∀・)<戦争に負けた…税収少ないから、郵政マネーを借りて復興に使おう!
(・A・)<借りるっていっても、ちゃんと返してくれるか心配だなぁ…
(・∀・)<大変だ!道路を造りすぎちゃった!借金が40兆円に!
(・A・)<ホラ見なよ!ちゃんと返せるの?「税金で」なんてダメだからね!
(・∀・)<ごめんなさい…今後は郵政マネーを道路建設に使うのやめます
(・A・)<じゃあ郵政マネーはどう運用するの?道路の借金はどうするの?
(・∀・)<民営化で郵政マネーは自主運用に、道路の借金も自分で返す
(・A・)<じゃあ従来の「郵政マネーを国が取り上げて道路建設に転用」はヤメね
(・∀・)<そこで今後は「郵政マネーは国債(財投債)を通して国が使う」よ!
(・A・)<ちょっと!せっかく民営化しても、それじゃムダ遣いはなくならないよ!
(・∀・)<あくまで郵政が自主的に国債(財投債)を買うカタチ!問題ないね!
(・A・)<それでホントにムダ遣いがなくなるのかなぁ…?
( ´_ゝ`)<政権交代したよ!もう一度郵政マネー直接使えるようにしよう!
(・A・)<え!?またムダ遣いにつながるんだからダメだよ!
( ´_ゝ`)<大丈夫!前政権と違って、僕たちはムダ遣いなんかしないから
(・A・)<その割にはまた道路を作ろうとしているみたいだけど…

最近ニュースで「郵政民営化見直し」「道路建設へ逆戻り」などのキーワードを目にします。でも、「見直し」とか「逆戻り」とはどこへ戻ることなのでしょう?

それを知るために、今日は日本郵政道路会社民営化の歴史を、財政投融資の観点から振り返ってみましょう。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。