Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

排他的経済水域ってなに?中国と何をもめてるの?

(・∀・)<日本が海底資源の本格開発に乗り出しているね!
(・A・)<日本の近海にはメタンハイドレートもあるし、楽しみだね!
(・∀・)<でも日本には海に関する領土問題も多いってきいたけど…
(・A・)<日韓の「竹島」、日台の「尖閣諸島」、日露の「北方領土」などだね
(・∀・)<どうして問題なの?
(・A・)<領土だけでなく排他的経済水域を守る必要があることも関係するよ
(・∀・)<…ナニソレ?
(・A・)<「ここにある資源は優先的にとっていいですよ」という領域だよ
(・∀・)<じゃあ「領土争いは資源争いでもある」っていうコト?
(・A・)<そういうコト!

日本は、排他的経済水域の面積が世界6位という海洋国家です

海には、たくさんの資源があります。
魚や海藻などの水産資源
レアメタルのなどの鉱物資源
石油やガスなどのエネルギー資源などが注目されています。

それだけに「もっと排他的経済水域を広げるべき!」という主張もあります

ですが、そもそも排他的経済水域とは何でしょうか?
今日は「排他的経済水域でできること・できないこと」「排他的経済水域と大陸棚との違い」「日中の境界線争い」などについて見てみます。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。