Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

「ザ・コーヴ」上映するなら「児童ポルノ」防げない!?

この記事は架空の物語です。現時点で実際に起きているニュースは「言論の自由?言論風暴力?ザ・コーヴの上映問題」をご覧ください。

(・∀・)<ザ・コーヴ上映問題で「守るべきものは言論の自由だけではない」の?
(・A・)<うん。ぼくはそう思うよ
(・∀・)<じゃあ、もし言論の自由だけを守って他はムシしたらどうなるの?
(・A・)<「暴力的方法で撮影された人権侵害映像の公開」が防げないと思うよ
(・∀・)<それってどんな映像のコト?
(・A・)<例えば「児童ポルノ」には共通する点も多いんじゃないかな
(・∀・)<でも児童ポルノはそれ自体が違法でしょ?
(・A・)<「児童への撮影自体が暴力的人権侵害」との考えからだね
(・A・)<なら「盗撮という方法自体が暴力的人権侵害」なザ・コーヴはどう?
(・A・)<大切なのは「実際に人権侵害があるか」で判断することだと思うんだ
(・∀・)<うーん…こじつけのような気がするんだけどなあ。。。
(・A・)<じゃあ今日はこの点を検証してみよう

「ザ・コーヴ」「児童ポルノ」。どちらも「撮影方法が暴力的であり、人権侵害だ」という指摘がある一方で、映像の扱いには違いがあります。

  • 「ザ・コーヴ」は盗撮という方法自体が暴力的→だけど公開の方向

  • 「児童ポルノ」は撮影という行為自体が暴力的→だから規制の方向


どちらも暴力的な行為で撮影され、人権侵害につながるものだとしたら、基準が二つあることは混乱を招きます。
今日はその混乱の事例を、架空の物語形式で紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。