Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/103-8e61c50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ザ・コーヴ」上映するなら「児童ポルノ」防げない!?

この記事は架空の物語です。現時点で実際に起きているニュースは「言論の自由?言論風暴力?ザ・コーヴの上映問題」をご覧ください。

(・∀・)<ザ・コーヴ上映問題で「守るべきものは言論の自由だけではない」の?
(・A・)<うん。ぼくはそう思うよ
(・∀・)<じゃあ、もし言論の自由だけを守って他はムシしたらどうなるの?
(・A・)<「暴力的方法で撮影された人権侵害映像の公開」が防げないと思うよ
(・∀・)<それってどんな映像のコト?
(・A・)<例えば「児童ポルノ」には共通する点も多いんじゃないかな
(・∀・)<でも児童ポルノはそれ自体が違法でしょ?
(・A・)<「児童への撮影自体が暴力的人権侵害」との考えからだね
(・A・)<なら「盗撮という方法自体が暴力的人権侵害」なザ・コーヴはどう?
(・A・)<大切なのは「実際に人権侵害があるか」で判断することだと思うんだ
(・∀・)<うーん…こじつけのような気がするんだけどなあ。。。
(・A・)<じゃあ今日はこの点を検証してみよう

「ザ・コーヴ」「児童ポルノ」。どちらも「撮影方法が暴力的であり、人権侵害だ」という指摘がある一方で、映像の扱いには違いがあります。

  • 「ザ・コーヴ」は盗撮という方法自体が暴力的→だけど公開の方向

  • 「児童ポルノ」は撮影という行為自体が暴力的→だから規制の方向


どちらも暴力的な行為で撮影され、人権侵害につながるものだとしたら、基準が二つあることは混乱を招きます。
今日はその混乱の事例を、架空の物語形式で紹介します。

(´・ω・`)<「ザ・コーヴ」の上映問題ってなに?

反捕鯨をテーマとした映画「ザ・コーヴ」を上映するかどうかで、「言論の自由だから上映するべきだ!」「反日的な映画だから上映すべきじゃない!」と意見が対立した問題だね。
簡単な経緯をまとめておくけど、もっと知りたい人は「言論の自由?言論風暴力?ザ・コーヴの上映問題」を見てね。

撮影から海外での上映まで



  • 「和歌山県のイルカ漁」をスタッフが撮影し、映画にする


    • 撮影方法は立入禁止場所での盗撮を含む

    • 上映内容は顔にモザイクなし

    • 上映内容はイルカ漁が犯罪行為かのように見える

    • 上映内容は「今は違う方法で漁をしている」ことを説明せず


  • 映画が米アカデミー賞を受賞


    • 監督「これは日本批判ではない。ラブレターだ」

    • 反対派「ストーカーからのラブレターは脅迫になります」

日本での上映


  • 地元「肖像権の侵害だし、ウソが含まれるから上映しないで

  • 配給元「肖像権を侵害しないよう顔にはモザイクして上映します」

  • 配給元「ウソか判断できるように地元の主張を字幕で表示します」

  • 反対派「上映するなら抗議活動する」

  • 映画館「ご近所迷惑になるので上映を自粛します」


    • 全国26館で上映予定→東京や大阪で相次ぎ取りやめ

    • 朝日新聞「上映の自粛が続くことは恥ずべきこと

    • 反対派「上映による悪影響が大きすぎる

(´・ω・`)<この問題がどうして今話題になっているの?

同じような問題が、今度は児童ポルノ問題の分野でも起きたんだ。「ザ・コーヴ」問題と異なる場所を緑色にするよ。

撮影から海外での上映まで



  • 「公園で水遊びする娘を撮る父親」をスタッフが撮影し、映画にする


    • 撮影方法は立入禁止場所での盗撮を含む

    • 上映内容は顔にモザイクなし

    • 上映内容は娘の体に目隠しを入れて、裸のように見える

    • 上映内容は「二人は親子である」ことを説明せず


  • 映画が米アカデミー賞を受賞


    • 監督「これは日本批判ではない。ラブレターだ」

    • 反対派「ストーカーからのラブレターは脅迫になります」

日本での上映


  • 父親「肖像権の侵害だし、ウソが含まれるから上映しないで

  • 配給元「肖像権を侵害しないよう顔にはモザイクして上映します」

  • 父親「モザイク入れても知り合いにはバレちゃうよ!」

  • 配給元「ウソか判断できるように父親の主張を字幕で表示します」

  • 父親「上映されること自体いい迷惑!

  • 上映反対派「上映するなら抗議活動する」

  • 映画館「ご近所迷惑になるので上映を自粛します」


    • 全国26館で上映予定→東京や大阪で相次ぎ取りやめ

    • 上映賛成派「上映の自粛が続くことは恥ずべきこと

    • 上映反対派「上映による悪影響が大きすぎる

ザ・コーヴ問題と似ている点は次のようなところだね。
  • 民間人盗撮されている

  • 事実とは異なる印象を持たせる内容

  • 必要な説明が省略されている

(´・ω・`)<たしかにザ・コーヴの時と似てはいるかもね

だけど話はここで終わらないんだ。各国からの再三にわたる取材攻勢と、盗撮による不安追い詰められた父親が自殺してしまうんだよ。

  • 父親「法を守って生きてきたのに…もう耐えられません。死にます

  • 海外有識者「日本の言論文化は未熟。反論すればいいだけじゃないか」

  • 上映反対派「言論の自由のためなら何をしてもいいの!?抗議だ!」


    • 「ドキュメント映像」と題した児童ポルノネットで出回るようになる


      • 言論の自由を口実犯罪的な映像があふれるようになる


    • 海外有識者「児童への暴力であり人権侵害だ!映像を公開するな!」

    • 上映反対派「盗撮こそ暴力であり人権侵害だ!映画を公開するな!」


      • 対立はますます激化し、子どもが巻き込まれる形に…

(´・ω・`)<どうしてこんなことになったんだろう?

「ザ・コーヴ」から「児童ポルノ」への飛び火が混乱を招いた背景に、暴力によって撮影された「議論を呼ぶ」映像が直面する二重基準の問題があると思うよ。
  • 【捕鯨】人権侵害のあるなしに関わらず公開上映・議論対象の方向へ

  • 【児ポ】人権侵害のあるなしに関わらず流通禁止・規制対象の方向へ

こうした二重基準を避けるためには、次のような原則が必要なんじゃないかな。
  • ①人権侵害のあるものないもの分ける

  • ②人権侵害のあるものは、問題がムシできないうちは流通を禁止する

この原則が完璧かどうかはわからないよ。でも「捕鯨だからOK児童ポルノだからNG」という先入観に惑わされずに本質を見出して原則を作ることが、混乱を招かないために必要なことだと思うんだ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/103-8e61c50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。