Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/116-3e47f0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法人3税って何?表面・実効・実際の税率の違いは?

(・∀・)<法人3税ってなに?
(・A・)<会社の所得にかかる税金(法人税+法人住民税+法人事業税)だよ
(・∀・)<法人税ってそんなに高いの?
(・A・)<表面税率(=法律で定められた税率)を足すと50%を超える
(・∀・)<そんなに払ってるんだ!そりゃ大変だね
(・A・)<でも「法人事業税が高くなる」「法人税や法人住民税が安くなる」
(・∀・)<じゃあその点を考慮するとどうなるの?
(・A・)<(法人3税の)実効税率は09年度まで約40%、今は約38%だよ
(・∀・)<安くなったんだね。わーい!
(・A・)<でも実は、今は地方法人特別税が新設されちゃったんだ
(・∀・)<じゃあ実効税率「法人3税+地方法人特別税」で何%なの?
(・A・)<前と変わらず、約40%のまま
(・∀・)<なーんだ。ぬか喜びだ。ガッカリ……
(・A・)<安心して!節税のテクニックを駆使すると、もっと安くなるよ
(・∀・)<だったら、実際に払った税金は何%分なのさ?
(・A・)<ある調査では34%程度らしいよ

【税金関連エントリー早見表】
[0]税金ってなに?
[1]所得税ってなに?
[2]法人3税って何?表面・実効・実際の税率の違いは?←今ココ!
>[2-1]法人税ってなに?
>>[2-1-1]法人税の節約方法
>[2-2]法人住民税ってなに?←今ココ!
>[2-3]法人事業税ってなに?←今ココ!
[3]消費税ってなに?「正確には5%じゃない」って本当?

(´・ω・`)<法人3税ってなに?

法人(≒会社)の所得(≒利益)にかかる3つの税金が法人3税だよ。
個人の所得にかかる所得税と似ているね。
【所得にかかる税金の違い(個人 vs. 法人)】
個人=所得税住民税個人事業税
法人=法人税法人住民税法人事業税

法人税(と所得税)は国税(=の行政サービスを利用するお礼のお金)だよ。
法人住民税(と住民税)は地方税(=地方の行政サービスを住民として利用するお礼のお金)だよ。
法人事業税(と個人事業税)は地方税(=地方の行政サービスを事業者として利用するお礼のお金)だよ。

これから法人税・法人住民税・法人事業税について説明するよ。

(´・ω・`)<法人税ってなに?

法人の所得にかかる国税(=の行政サービスを利用するお礼のお金)だよ。

税率は原則として30%。でもいろんな方法で節約できるよ。
細かい計算方法や節約方法は「法人税ってなに?計算方法や節約方法は?」を見てね。

(´・ω・`)<法人住民税ってなに?

法人の所得にかかる地方税(=地方の行政サービスを住民として利用するお礼のお金)のひとつだよ。

法人住民税は均等割法人税割の2段構えになっているんだ。

  • 均等割:法人の規模や人数によって支払額が決まる

  • 法人税割:法人税の額によって支払額が決まる


税金の額は資本金従業員数で次のように変わるよ
資本金等の額 都道府県民税 市区町村税
従業員数50人超 従業員数50以下
均等割 1000万円以下 2万円 12万円 5万円
1000万円超 1億円以下 5万円 15万円 13万円
1億円超 10億円以下 13万円 40万円 16万円
10億円超 50億円以下 54万円 175万円 41万円
50億円超 80万円 300万円
法人税割 - 5% 12.3%

気をつけてほしいのは、都道府県税や市町村税は各地方公共団体によって異なることなんだ。上の表は2009年4月1日現在の標準税率を示したものだよ。

(´・ω・`)<法人事業税ってなに?

法人の所得にかかる地方税(=地方の行政サービスを事業者として利用するお礼のお金)のひとつだよ。

法人住民税は所得割付加価値割資本割の3段構えになっているんだ。

  • 所得割:所得に応じてかかる

  • 付加価値割:(当期利益+収益分配額)の0.48%

  • 資本割:資本などの金額の0.2%


ただし、資本金1億円を境界に課税方法がまったく変わるよ。

資本金1億円以下の場合


資本金1億円以下の場合の場合、かかるのは所得割のみだよ。
税率は次のようになっているんだ。
所得金額 標準税率
所得割 400万円以下の部分 2.7%
400万円超 800万円以下の部分 4%
800万円超の部分 5.3%

資本金1億円超の場合


資本金1億円超の場合、所得割付加価値割資本割のすべてがかかるよ。ただし所得割の税率は次のようになっているんだ。
所得金額 標準税率
所得割 400万円以下の部分 1.5%
400万円超 800万円以下の部分 2.2%
800万円超の部分 2.9%

気をつけてほしいのは、税率は各地方公共団体によって異なることなんだ。上の表は総務省の資料を参考にしたものだよ

(´・ω・`)<表面税率・実効税率・実際の税率ってなに?

法人3税では、よく表面税率・実効税率・実際の税率が議論されるよ。その違いを知るために、税率を実際に求めてみよう。

  • 表面税率=法律で決められている税率


    • 法人税=原則30%

    • 法人住民税=17.3%(法人税割のみ。最大300万円の均等割は省略)

    • 法人事業税=5.3%(資本金1億円以下&800万円以上の部分の税率)


  • 実効税率=法人3税が互いの額に影響を与えることを考慮した税率


    • 法人事業税高く法人税安く(法人事業税が損金算入できるため)

    • 法人税安く法人住民税安く(法人税額から法人住民税を決めるため)

    • すると、実効税率の計算方法は次のようになる

    • 法人税率×(1+住民税率)+事業税率}÷(1+事業税率
      0.3×(1+0.173)+0.053}÷(1+0.053)≒0.384≒38%
      (注:事業税率が変更されたので09年度より以前は約40%でした)

      【実効税率の注意!】
      現在は法人3税に加えて地方法人特別税も徴収されます。 すべてを合算して、実効税率は従来どおり約40%となるように調整されています。

  • 実際の税率=実際に払った税額から逆算した税率(節税も反映)


    • 欠損金の繰越し・研究開発減税・外国税額控除などの節税を反映

    • 資本金等の条件で表面税率は変化することも反映

    • 実際の税率は34%程度という調査結果もあります


実効税率が40%でも実際の税率は34%程度だったんだね。

一般に、「表面税率>実効税率>実際の税率」となることが多いよ。

混乱を招かないために「税率の話をするときは、実効税率でなく実際の税率をもとに判断する」ことが大事だと思うよ。


【参考文献】


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/116-3e47f0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。