Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/117-d984b4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

W杯報道、勝敗だけでなくスポーツ外交も意識して!

(・∀・)<サッカーのW杯、テレビや新聞では勝敗見どころを紹介しているね
(・A・)<でもそれだけでいいのかな?せっかくのチャンスなのに
(・∀・)<チャンスってどういうこと?
(・A・)<たとえば「なでしこJAPANの活躍」みたいに相互理解を深めたり
(・A・)<「オランダ選手の胸に日の丸」のように相手国にいい印象を与えたり
(・A・)<「韓国が日本を応援」のように僕たち自身が外交官になったり
(・A・)<そういうことを意識するチャンスでもあると思うんだ
(・∀・)<ボクは「勝ったらいいな」としか思ってなかったよ
(・A・)<もちろんそれも大事だよね。でもそれだけじゃ、負けたらオシマイ
(・A・)<「W杯は外交手段」という発想転換で、応援する人も増えるかもよ?
(・A・)<スポーツ外交リスクがゼロ効果が無限大という点も魅力だね
(・∀・)<よーし!ボクも外交官としてがんばるぞ!
(・A・)<相手に理解してもらうには、まず相手を理解することも忘れないでね

(´・ω・`)<「なでしこJAPANの活躍」ってなに?

2007年にサッカー女子日本代表のなでしこJAPANが、中国での試合後にした行為が日中で大きく取り上げられたんだ。
当時の状況を知るため、次の記事を紹介するね。
試合に負けたが「勝った」なでしこJAPAN、ブーイングへの「謝謝」!中国で称賛の声―サッカー

2007年9月17日、浙江省杭州市で行われたサッカー女子W杯1次リーグのドイツ戦で、日本代表チーム「なでしこJAPAN」が中国人サポーターからブーイングを浴び続けたにもかかわらず、試合後に「謝謝(ありがとう)」と書かれた横断幕を掲げていたことが分かった。成都商報が伝えた。

翌日は折りしも76年前に満州事変が勃発した日で、日本チームは国歌斉唱から中国人サポーターからのブーイングを浴びた3万9817人の観客が入ったが、そのほとんどがドイツを応援し、試合は完全アウェーの雰囲気の中で行われた。

日本チームは0-2で破れたが、選手たちは試合後に「ARIGATO 謝謝 CHINA!」と書かれた横断幕を手にし、サポーターに向かって深々と頭を下げた。試合中にブーイングを続けていた中国人サポーターは、ようやく日本チームに大きな拍手を送った。

試合後、中国メディアブログなどでは、中国人サポーターの行為を批判する声や、日本チームを称える声などが多く出ている。「日本は(試合には) 負けたが、勝った」といったタイトルの記事も見られ、日本人はスポーツの本来あるべき姿を中国人に教えた、見習うべきだといった声が広がっている。

この記事は、なでしこJAPANの行為日中間の友好にもたらした良い点を示唆していると思うよ。

  • なでしこJAPANの行為中国人に理解を促した(かもしれない)こと

  • 中国の好意的な世論日本人に良い印象を与えた(かもしれない)こと


もちろん記事が伝えるのは物事の一面でしかない点には注意が必要だけど、その点を考慮してもいい影響があったことは事実なんじゃないかな
なでしこJAPANを誇りに思うのと同じように、なでしこJAPANを受け入れてくれた中国の人たちに敬意を送ることができたらいいなと思うよ。

(´・ω・`)<「オランダ選手の胸に日の丸」ってどういうこと?

2010/06/27 朝日朝刊の声欄から次の記事を紹介するね。
胸に「日の丸」オランダ選手に拍手 会社役員 深田 典将

(中略)オランダ戦では、攻防とは別に「あっ、何で何で」と言葉にならない驚きの声を上げてしまった。
両チームがピッチに入場。国歌斉唱が始まった時である。オランダ選手のユニホームの左胸に一瞬「日の丸」が見えたのだ。

(中略)「オランダは対戦国に対し尊敬の念を持ち、敬意を示し、正々堂々と戦う。その気持ちの表れだ」
何と素晴らしい。スポーツマンの原点ではないか。(中略)政治家の平和演説より、はるかに説得力がある。

この記事は、オランダ選手日本人に与えた良い点を示唆していると思うよ。

  • 負けてなお、相手からの敬意に感動した日本人がいたこと


負けてなお相手との絆を深めることができるのは、スポーツの素晴らしい点のひとつだと思うよ。

(´・ω・`)<「韓国が日本を応援」ってどうして?

次の記事を紹介するね。
韓国サポーター、最後まで大声援 「代わりに、日本頑張って」の声も

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で26日、決勝トーナメント1回戦の韓国-ウルグアイが行われたポートエリザベスの競技場。韓国サポーターは「テーハンミングク(大韓民国)」と大合唱したが、敗戦に肩を落とした。

(中略)試合後、ヨハネスブルクに住む韓国人キム・ジュンミンさん(40)は「もったいない試合。勝てば8年前のようにベスト4まで行けると思ったんですが」と落胆した様子。だが、同じく2大会ぶりに決勝トーナメントに進んだ日本に「韓国の代わりに頑張ってほしい」とエールを送った。(共同)

この記事から、次のようなことを感じたよ。

  • スポーツを通じた友好のキャッチボールではプレイヤーは私たち自身


(´・ω・`)<スポーツには、勝つ他にも大切なことがあるんだね

スポーツの祭典といわれるオリンピックは、平和の祭典とも呼ばれるよ。
その理由はオリンピックの原点に、今もある次のような問題に対する、変わらぬ理想があるからなんだ。

  • 【問題】国と国が武力で争い憎しみを生んでいること

  • 【理想】国と国がスポーツで競い相互理解を生むこと


だから、スポーツに向き合うときは次を意識できるといいなと思うよ。

  • 大切なことは、相手に勝つことだけじゃない


    • 勝っても負けても得られるものがあることに関心をもつ

    • 負けたときに何をするかでこそ、その人の真価が問われる


  • 相互理解が原点なら、私たちは常にプレイヤーである


そうした点を踏まえると、今の日本のメディア「勝敗や見どころ」だけに注目してW杯を報道している点にはちょっと不満だな。
むしろスポーツの国際大会は外交の場でもあるということを念頭に、日本をどう知ってもらうのかにもっと力を入れてもいいんじゃないかな。
実際の外交はとても難しいけど、スポーツ外交はリスクはゼロで効果は無限大だからね。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/117-d984b4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。