Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C76] いみわかんねw

中国も日本も意味わかんね
中国は人の領土を自分の物っていってるし、日本も自分の領土ってわかるんなら、先送りするなよ。もう、レアアースなんてどうでもいいよw

[C79]

すごくわかりやすかったです^^
ありがとうございました!
  • 2012-09-04 08:12
  • URL
  • 編集

[C80] y さんへ

コメントありがとうございます!
お役に立てたようでなによりです^^
  • 2012-09-04 18:34
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C81] うんざり

日本だけでも国際裁判に持ち込めます。持ち込むと、なぜ相手国中国は同意をいないのか、国際的に答えなければなりません。どう答えるのか、世界が聞いています。それに対する日本のコメントも。さっさと持ち込んで決着つけてニュースの時間をすっきりさせてください。もう毎日聞いててうんざり。

[C82] 尖閣諸島

 すごくわかりやすかったです ありがとうございました。でも日本の領土ならどうして日本が20億円で買う話が出ているんですか????いろんな 証拠(歴史)があるのにどうしてそれが証明されて問題解決しないのですか?それならどう解決できるんですか?国際裁判?国の問題なのに日本人、日本レストラン 日本車など暴力を受けていることにとてもとてもムカつきます。日本では中国人をいじめている人はいないのに。。。。。イライラ。。。。

[C83] ジャネットさんへ

ジャネットさん。
コメントありがとうございます。
ご質問いただいた件について、わたしなりの見解をご紹介します。

> 日本の領土ならどうして日本が20億円で買う話が出ているんですか????

日本の領土は、「誰が所有するか」で次のように分けられます。
①国有地(政府が所有する土地)
②民間所有地(民間人が所有する土地)
③それ以外(地方公共団体などが所有する土地)

今回は②民間所有地を、①国有地にするという話です。

> いろんな 証拠(歴史)があるのにどうしてそれが証明されて問題解決しないのですか?

日本政府が中国政府と話し合わないことにも一因があります。
日本政府の立場は、「領土問題は存在しない」というものです。
なぜなら、何か言われる度に対応していると、「日本はゴネれば言うことをきく」と思われ、
「次は沖縄だ」「なら対馬だって」と、次々に言いがかりをつけられるかもしれないからです。

> それならどう解決できるんですか?

残念ながら、解決策はまだ見つかっていません。
わたしたちみんなが、これから考えていかなければならないのだと思います。
  • 2012-09-15 17:25
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C98]

中国人に、「日中平和友好条約で尖閣については両国棚上げに同意しているのに、日本はそれをやぶった。」と言われたのですが、どーなんでしょう?自分は「いや、それ言ったら中国の覇権条項のやぶりっぷりは?」と思うのですが・・。
  • 2012-09-21 22:03
  • ai
  • URL
  • 編集

[C99] aiさんへ

コメントありがとうございます。

あくまでも個人的見解ですが、
その中国人の方がおっしゃることも
aiさんのおっしゃることも理解できるように思います。

条約の合意内容がどこまでかという検証をおいたとしても、
中国側からすれば、日本政府の国有化は棚上げには見えないでしょうし、
日本側からすれば、棚上げするには国有化するよりほかになかったと言えるでしょう。
# 政府をおきざりにして東京都が島を購入、開発する可能性があったため。

どちらの意見が正しいにせよ、いえ、正しいかわからないからこそ、
やはり「日中両国がきちんと話し合いの席につくべきだ」
という結論に戻ってくるのではないでしょうか。
  • 2012-09-21 23:06
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C100] コメ返しありがとうございます。

newskidsさん、コメ返しありがとうございます。

前回の自分の質問内容をいくつかのブログさんに残したのですが、多くの方は反応無しか「中国の覇権条約の無視ぶりを見れば、尖閣の都の購入及び国有化は止む無し」という日本よりの意見でした。

自分も「まぁそうだよな。俺も日本人だからどうしても日本よりの意見を持つし、何より中共の行動を見てるとなぁ・・」と思っていたのですが、newskidsさんのあくまで中立的な意見に少々感銘を受けましたw

今後もこちらにちょくちょくお邪魔して、勉強させて頂こうと思います。

[C101] aiさんへ

とても丁寧な返信をいただき嬉しいです。

わたしの残した文章が、なにかの一助になりましたら幸いです。

不定期更新になっていますが、時間のとれるときにまとめて書くスタイルですので
今後ともごひいきにしていただければと思いますm(。。)m
  • 2012-09-22 19:02
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C102] 不思議な話です

解説、よく分かりました。だったら日本はなぜ日本の領土だといっているのかの根拠お、そして中国領土だといっている中国の根拠をお互いに検証すればいいわけで、お互いに「固有の領土だ」と言い合っているだけの姿は誠に子供の喧嘩のようでイラつきます。解説によればそれはとても簡単に解決できるような気がしてますけど。

[C103] よこさんへ

コメントありがとうございます。

> だったら日本はなぜ日本の領土だといっているのかの根拠お、
> そして中国領土だといっている中国の根拠をお互いに検証すればいいわけで、

どうやら、日本政府の考え方は違うようです。
日本政府は「言いがかりにいちいち対応すべきではない」と言っているように見えます。
その背景として、次のような可能性が考えられます。
①いちいち対応していたら、「次は沖縄も」「なら対馬だって」とキリがない
②対応することが、かえって中国や日本の国民感情を刺激することにつながる
③対応したところで、解決できる保証がない
# その一因として、中国でも日本でも、すべての事実が報道されるとは限らない実態がある

とはいえ、「固有の領土である」の一点張りでは問題を解決できないことも事実なので、
やはり話し合いの席につくことは必要であると、私自身も感じます。
  • 2012-09-27 14:27
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C104] 尖閣を友好、有益の島に

●うんちく
領土のあやふなな地帯は必ずしもどちらかの国の領土にしなければいけないものだろうか?
国(当事者)は昔のことをとにかく語る。いいように。
で、今はけんかするし、戦争まで始めようとする勢いだ。
中国は庶民を押さえられない状況です。
デモ行動の見方はいろいろあるが、日本はデモの暴徒化の傾向を遺憾ってだけでくくってしまう現実で、破壊に対しては当然ですが賠償しろって言います。
(悪いやつは制裁しなければいけませんが、中国政権への国内不満が中国政権崩壊へと願う都合の良い解釈もあると思う)
でも、デモ活動が全てではなく日本人、中国人の庶民の本質は違うんです。
中国にも行くし、日本にも来る。けっこう仲良く仕事も遊びも一緒にするし、国際結婚もするんですね。
けんか(戦争)したら負けるでしょう。当然だ、って日本人は皆思ってるはずです。(中国は勝って当然と思ってますよ。たぶん)
歴史はいろいろあります。日本では当たり前で尖閣諸島は日本の領土です。
でも、中国の人にとっては現文化(今の教育)が違うんです。
中国は、皆さん中国色に、魚釣島は中国の領土だって染められています。
日本で教える歴史と、中国で教える歴史って違うんですよ。別の国だから、日清戦争のときにって話まででてくるんですね。
(中国国内ではかなり都合いいように作っているように思えますが、日本だって着飾ってることあるはずです。正統派つもりですが、ありますよね。きっと。)
だから古今を語って、いいとこ取りの主張をしているんでしょうか。
歴史をもって、領有権を主張!、今をもって、昔から実効支配!なんでしょうか。
中国から日本企業は撤退ですか。企業(働く人)は不安を持ちながら営業しますか。
国交正常化40年記念式典が中止になりました。悲しいですね。デモや暴動が平行に起こって、式典が無意味になっても困りますし。。。
水鉄砲遊びまで始めました。台風が近づいているのに、、、国と国だと船まで使ってスケール大きいですね。楽しそうではありませんでしたが。
歴史上は戦争を沢山(中国とは片手で足りるらい?ですが)やりました。
お互いの主張を戦ったんです。昔のことなんで事実は書物だけです。消えたものもある。改ざんされたもののある。って思いませんか?
自国を守る精神、自国の発展って皆同じです。どの国も。
人間の命もまた同じ重さで、日本は民主主義なんだから多数決しますか?10億対1億で負けますよ!
やっぱり、けんかします?負けますよ!味方になったら心強いですが。
強い軍事力は大事ですが、内に秘めたやさしさ、統率力がないとダメです。
歴史の同じ過ちを繰り返したくないんです。
啀み合っていいことありますか?(中国人って何言ってんの。尖閣は日本のものって重々承知です。国民に怒られますが。)
中国って10億人をまとめてるんですよ。中国共産党って国を守っているんです。1党独裁でも凄いことですね。
中国だって問題が大きくなって困ってます。更に領有権は主張する方向で退けない状態ですよね。
核爆弾のスイッチを押させますか?日本は持ってないんで、先制攻撃でリセットスイッチ(尖閣まで回路をつなげないと)を押しましょう。押させましょう。
総理?、外務大臣?、与党?、自民党?誰も押す気がなさそうですが。
賢い弁護士雇って国際法で解決ですか。勝ったら隣国関係は治まりますか。負けたらきっぱり身を引き、文句いいませんか。
上告ってありですか?最終判決って何処?まだまだずるずる先延ばしですか。
頭を空(無)にすることも大事です。島の歴史は忘れて、これから意図のある島の歴史、隣国との歴史を創りましょう。
日本は大人なんだから、譲歩していいんではないでしょうか。願うのはお互いに譲歩し合うって精神ですよね。
アンパンマンって頭をかじらせてあげます。みんなに満腹感、優しさなどを分け与えるんですね。
アンパンマン精神にあやかって日本からは、領土をあげる(与える)んです。
お腹が減っている人にはかじってもらっていいんです。(領土なので、おおきく言いすぎですが)
親だって子供に言いますよね。はんぶんずっこ(等分しなさい)って。欲しいものを引っぱり合ったら壊れるんです。良い教え(文化)ですね。
実効支配、領有権なんか放棄してしまえぇ。。。
中国はきっと次は沖縄もよこしなって、なんて話もありますが、そんなのは次の話(問題)でまた解決しましょう。
中国に対して言い方悪いですが、罪人だって更生の余地があるんですよ。日本だって戦争して罪を犯してますよ。もっと更生しましょう。
昔のことといって、笑い話とまではならないかもしれませんが、勉強材料として明るい未来を想像?、それより創造しましょう。
沖縄もよこせなんて憶測です。中国を信じましょう。でだめですか?
その前に沖縄の人が中国にしてくれって言うなら別ですが。ありえない話ではないですか。
中国4000年の歴史を文化発祥って語る国です。(都合が良いように語るだけはダメですが)次の文化、いい暮らしを真剣に考えますよ。
このまま何十年もだんまりで、問題ありのまま解決するつもりですか?時が解決・・・というより野放しですか?もうどうにもならないところにきてないですか?
友好って言っといて停滞、経済交流も停滞、でなくていろいろ衰退のままにしますか?
次の世代にツケをこのまま押し付けますか?赤字予選もですが。。。
更なる友好、更なる経済復興(コミュニケーション、釣り、資源開発、観光交流etc)しましょう!
お互いに不安のない漁業、限りある資源を共に発掘、楽しい観光旅行しませんか。
生きている間に中国に行って4000年の歴史も見たいです。金銭的になかなか行けませんが。
政治家のみなさんは民衆の力をあずかり、国のことを日々考えておられますが、守るってこと=譲歩(歩み寄り)に変えられないでしょうか。
政権とるために、選挙っすか。勝け負けって常ですか。
国のプライドですか。強い国をっていう思いは何の強さですか。経済を支える中国を無視、敵対し、国民はやむなく別の国とって方向を変えるしかないんですか。
国有化はチャンスじゃないですか。国のものなんですから。国同士の交渉に使いましょう。国のため、国民のために!
勝ち負けで考えますが、後味わるかったら勝ったって思わないし。嬉しくないです。負けたって心は勝つ、元気になるんですよ。
この頃老眼がすすんできました。次の世代の人々が楽しく、やる気がでる、つまる世の中にしたいです。
「よろしく」が通じる日本にするため、ちょっと年食ったもんが立ち上がって、示しをつけなアカンです。

●提案(島の共有に1票です。)
共有しましょう!合弁で!友好の島です。
各国の譲歩がどこまで受け入れられるのか、そんなことは知りませんが、ここから提案です。
まず、3等分しましょう。尖閣諸島(魚釣島、南小島、北小島、久場島)1/3づつですよ。勝手ですが、色つけました太っ腹!
日本に入ったとか、線を踏んだとかいってもめてもいけませんから、魚釣島周辺を含めましょう。
日本、中国、台湾で山分けっす。
・共有の島って実現?ここが一番の問題ですが。
・20.5億/3 = 6.3億円 を中国、台湾に払ってもらいましょう。(徴収しますよ。地権者に払ったんですから)
・まず、3国の旗を立てましょう(3国納得する新しい名所名もいいですね。もめずに!)
・日中台友好でがむばりましょう。
・隣国の軍縮も唱えましょう。
・資源の共有(漁業権につき楽しく釣りしたいですが、資源開発、観光交流etc)、あるだけの資源なんで計画的に。
・3国の危機的状況以外は軍事配備を禁止(警備は必要ですが)
・まだまだ盛り込めると思いますが、利益、資源消費の考えは共存主体で。

●理想(Heartの共振)
未来をへたに(勝手に)語ります。理想は各々ですので、勝手でごめんなさい。
日本人は啀み合うのはやめましょう!日本は理不尽だって思ってるが、中国も何故か怒ってる?理不尽だって思ってます。
いつまでたっても良くはなりませんよ。文化?教った考えが違ってますから。
今まで日中友好とか言ってましたが、本当じゃなかった事実がありましたね。
日中台友好の島にならないでしょうか。なんとかしてっ!
一度壊れた橋ですが、今の時代に合った架け橋を架けましょう。みんなが渡れる橋を。
細かい取り決めは政権を握った代議士にお任せですが。。。
友好の島の上に共に上陸。気兼ねなくすれ違い、あいさつできる。島上を旅客飛行機が飛び交う光景は楽しいじゃないですか。
本当の友好になるために、更なる経済活性になるように、友々に譲歩出来るように。
欲を言えば、次は独島、次は北方領土までも友好の島になったらいいよね、と願いたいです。
アジア発信の考えが隣国友好の術をリードし、地球規模の友好の見本となれるといいですね。
予言では今のサイクルが終わり、次のサイクルが始まります。
2012年12月12日って良い日ではないですか。
月(陰暦の国)と日(陽暦の国)が友に1歩2歩と歩み寄る新しい記念日です。
日本っていいね。日本製っていいね。アジアっていいね。ってみんなの心に刻まれることを願います。
地球資源を食いつぶす日は近いです。奪い合いを繰りかえさない世の中を願います。
未来の地球上の生活を、自分の子供、後生のことを世界レベル、宇宙レベルで考えられるように。

太陽が爆発するまで暮らせる地球のために・・・
  • 2012-09-28 00:47
  • 教伝
  • URL
  • 編集

[C105] 沖縄返還

ポツダム宣言に注目していますが、その後沖縄自体がアメリカの統治下に置かれ、日本国の領土ではなくなっていますよね?
なので、ポツダム宣言時点の話は、客観的にみるとご破算になっているようにも思われてしょうがない部分もあるかと思います。
なので注目すべきは、沖縄返還であって、その際にアメリカから返還された範囲に入っている、だから日本領土なのだと言えばよいのだと思うのですが、アメリカに気を遣って言えないのでしょうか?

[C106] もんさんへ

貴重なご意見ありがとうございます。
わたしにとっては新説でしたので、興味深く拝見させていただきました。

以下、間違いがあるかもしれませんが、現時点での率直な感想を述べさせていただきます。

> ポツダム宣言に注目していますが、その後沖縄自体がアメリカの統治下に置かれ、日本国の領土ではなくなっていますよね?

アメリカの統治下にあるということが、すなわち日本の領土でないことになるのかという点に疑問が残ります。
たとえばイラクやアフガニスタンなど、アメリカが戦後統治している地域があります。
これらの地域もイラクの領土であり、アフガニスタンの領土なのではないでしょうか。

> なので、ポツダム宣言時点の話は、客観的にみるとご破算になっているようにも思われてしょうがない部分もあるかと思います。

そういう側面があるのだとすれば、きちんと検証する必要がありそうですね。

> なので注目すべきは、沖縄返還であって、その際にアメリカから返還された範囲に入っている、だから日本領土なのだと言えばよいのだと思うのですが、アメリカに気を遣って言えないのでしょうか?

最近のニュースで、その点について触れたものがありました。
> <尖閣問題>「尖閣は中国領」にこれだけの論拠!沖縄返還協定も「国際法違反」―韓国人学者
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000016-rcdc-cn

この記事によれば、沖縄返還協定そのものが無効なのだそうです。

> 国連憲章第78条では、信託統治は加盟国には適用しないと規定している。
> 琉球が信託統治を受けたという事実は、琉球が日本の領土ではないことを証明している。
> (中略)
> つまり、国連憲章を無視した日米間の沖縄返還協定は国際法違反であり、無効である。

ただし、この論理にも疑問が残ります。
 「信託統治は加盟国に適用しない。だから琉球は日本ではない。故に沖縄返還協定は無効だ」
という論理だけではなく、
 「信託統治は加盟国に適用しない。だから日本の琉球に適用できない。故に信託統治は無効だ」
という論理も成り立つように思えます。

どちらにせよ、今後の推移に注目していく必要がありそうですね。
  • 2012-09-28 15:42
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C107] 勘違いしてました

SF講和条約によって権利を放棄させられた中には琉球は含まれてないんですね。その後、沖縄返還という言葉によって、琉球も一度放棄されて返ってきたんだ、という勘違いをしてました。

信託統治という、国連憲章から見ると複雑な状態だったんですね。

1946年当時の米国は、明確に日本と琉球を切り離そうと考えてた、ということなのでしょうね。

でも、数年後の1951年には考えが変わって、完全な切り離しはやめて、日本に帰属させたまま、琉球統治を継続するという方針に出た。

その結果、憲章に矛盾するような状態になってしまった、と。
この沖縄返還無効論に対しては、信託統治無効宣言でもなんでも、それまでのいろんなことを主導して決めてきた米国が対応すべき話ですね。

[C108] もんさんへ

コメントありがとうございます。

> SF講和条約によって権利を放棄させられた中には琉球は含まれてないんですね。その後、沖縄返還という言葉によって、琉球も一度放棄されて返ってきたんだ、という勘違いをしてました。

なるほど。そうお考えだったということですね。

> この沖縄返還無効論に対しては、信託統治無効宣言でもなんでも、それまでのいろんなことを主導して決めてきた米国が対応すべき話ですね。

そうですね。
沖縄返還が無効であろうと、信託統治が無効であろうと、
どちらにせよ名実ともに日本の一部であった沖縄が独立したという根拠にはならない以上、
現在の日本に直接関係のある話ではないと思います。
  • 2012-09-28 23:32
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C109] 歴史嫌い

小学校・中学校・高校と、勉強として学ぶ歴史・経済などの科目が大嫌いでした。文字を読み上げるだけのつまらない授業だった事もあり、興味が湧かず、社会人になってから後悔することも多かったです。このように私からすると難しく感じるものも、ものすごく分かりやすく、理解する事ができ、とても感謝しています!「尖閣諸島・問題」で検索してたどり着きました。素敵な発見に感謝です。これを期に、いろいろと勉強させていただきます。また読みに来たいと思います。ありがとうございました!
  • 2012-09-29 15:53
  • じゅんこ
  • URL
  • 編集

[C110] じゅんこさんへ

コメントありがとうございます!
いくらかでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

いただいたお言葉を励みに、また時間を見つけては更新していこうと思いますので
今後ともよろしくお願いします。
  • 2012-09-29 18:22
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C111]

尖閣諸島の問題がよく分からなかったので、このホームページを見させていただきました。とても分かりやすかったです。 ありがとうございます。
  • 2012-09-30 08:32
  • o初o
  • URL
  • 編集

[C112] o初oさんへ

コメントありがとうございます。
なにかのお役に立てたのであれば、嬉しいです。
  • 2012-09-30 09:11
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C113] はじめまして

私の学部での授業準備や、今取り組んでいるプレゼンの準備にとても参考にさせてもらいました!コメントされてる方々の意見もとても素晴らしいものばかりです!
ありがとうございます!

  • 2012-09-30 11:23
  • 大学生
  • URL
  • 編集

[C114] 大学生さんへ

コメントありがとうございます!

大学での講義ともなりますと、情報にはたしかな出典を示すことが求められると思います。
このページに書いてある内容は【参考】にある記事をもとにしています。
ネット上の記事ですと次の文書が参考になると思います。
http://www.jcp.or.jp/down/bira/10/pdf/1010-senkaku-color.pdf

これらの記事がお役にたてれば何よりです。
  • 2012-09-30 12:19
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C116]

日本政府の主張と国際社会の認識のズレがあって、国際司法裁判所に提訴したら負けるでしょう。

領土問題は歴史問題だけではなく、力関係で決まる事も多いので、譲歩して半分割譲するのが一番です。もともと、領土は戦争して広がったり失ったりしていたのです。

裁判は公正に行われるなどと言うのも甘い認識です。常任理事国の中国に沿って裁判が行われてしまうであろう事は馬鹿でも判ります。

戦争になっても、問題が尖閣だけに留まるなら米軍は助けてくれません。
  • 2012-09-30 21:21
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C117] 名無しさんへ

コメントありがとうございます。
お考えを興味深く拝見させていただきました。

> 日本政府の主張と国際社会の認識のズレがあって、国際司法裁判所に提訴したら負けるでしょう。

日本の主張がどう見られているかは大切なところですね。
なにか参考になる資料などがありましたらお教えいただけますと助かります。

> 領土問題は歴史問題だけではなく、力関係で決まる事も多いので、譲歩して半分割譲するのが一番です。

たしかに、それも一つの方法ですね。

> 裁判は公正に行われるなどと言うのも甘い認識です。常任理事国の中国に沿って裁判が行われてしまうであろう事は馬鹿でも判ります。

そうだとしたら残念ですね。
具体的に常任理事国に有利に行われた事例などがありましたら、
お教えいただけますと助かります。

> 戦争になっても、問題が尖閣だけに留まるなら米軍は助けてくれません。

この点は一部報道でも疑問視されていましたね。
米政府は「尖閣諸島は安保条約の対象」と明言しているが、
現に戦争を開始するためには議会の同意が必要で、
議会までもが「尖閣諸島は安保条約の対象」と認める保証はない、とのことでした。

なんにせよ、いろいろな事態を想定しておく必要がありそうですね。
  • 2012-10-01 01:53
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/125-cbb83d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【まとめ】尖閣諸島は誰のもの? ゼロから解説!

(・∀・)<尖閣諸島を日本と中国で取り合っているね
(・A・)<僕は日本の領土だと思うよ
(・∀・)<なんで?
(・A・)<中国側の主張には根拠がないことを説明できるし
(・A・)<中国側もかつては日本領だと認めていた
(・A・)<国際法の上でも日本に理がある
(・A・)<中国の首相も領土問題が「石油のせい」だと認めているしね
(・∀・)<そこまでわかってるのに、どうして解決できないの?
(・A・)<解決のチャンスが何度かあったのに、日本政府が先送りしてきたんだ
(・∀・)<先送り!? どうして?
(・A・)<「中国が嫌がるから」「薮蛇だから」「中国が悪さすることはないから」って
(・∀・)<でも、2010年には尖閣沖の衝突事件で大問題になったよね?
(・A・)<そう。もしかしたら、今こそ解決の最後のチャンスかもしれないね

今日は日本共産党の「尖閣諸島問題 日本の領有は歴史的にも国際法上も正当をベースに、尖閣問題の論点を徹底的に解説します。

(´・ω・`)<尖閣諸島ってなに?

沖縄県の那覇市を西へ400kmほど行ったところにある島々だよ。
魚釣島(うおつりじま)、北小島(きたこじま)、南小島、久場島、大正島などの島からなる諸島なんだ。

日本や中国の文献を見る限り、日本が領有する前の尖閣諸島には誰も住んでおらず、また、どの国も領有を主張してはいなかったんだ。
これを国際法では無主の地(=どこの国にも領有されていない土地)と呼ぶよ。

(´・ω・`)<尖閣諸島でなにがあったの?

まず、事実を時系列で整理してみよう。
■尖閣諸島にかんする出来事
1884年:古賀さん(日本人)「尖閣諸島を見つけたので探検しました」
1885年:古賀さん「日本政府さん、この島を私に貸してください」
1895年:日本政府「尖閣諸島を日本に編入します(歴史上初の領有)」
 (74年後)
1969年:国連「尖閣諸島付近に豊かな天然資源が眠る可能性がある」
1970年:台湾「尖閣諸島は俺のもの
1971年:中国「台湾のものは俺のもの

(´・ω・`)<なんで〝尖閣諸島は台湾(中国)のもの〟なの?

そこで1945年の終戦を振り返ろう。
このとき日本が敗戦し、日本が中国から奪った台湾を中国に返すことになる。
ここでもめるのは、〝尖閣諸島は台湾の一部かどうか〟なんだ。

中国「尖閣諸島は台湾の一部である」と言い、
日本「尖閣諸島は台湾の一部ではない」と言うんだ。

(´・ω・`)<中国側の主張は?

中国側の主張
「尖閣諸島は台湾の一部」であり
「日本が中国から奪った」ものだから、
「台湾の返還と同時に中国のものになった」ということだよ。

(´・ω・`)<日本側の主張は?

「尖閣諸島は台湾の一部」という主張は本当に正しいのかな? 検証しよう。
第二次世界大戦の前(1895年)に日本が台湾を手に入れた時、
日中両国は「どこまでを日本に譲り渡すか」を決めた。
その結論をまとめた下関条約(日清講和条約)を見てみよう。
  • 条約の「割譲範囲」の項は、尖閣諸島について一切言及していない

  • 条約の交渉過程でも、中国側は尖閣諸島についてなんら触れなかった

  • 「台湾の付属島嶼」の定義は「地図や海図で公認された範囲」で合意
    • 当時、日本で出版されていた地図は例外なく「尖閣諸島≠台湾の一部」

以上から、日本政府は「尖閣諸島は台湾の一部」ではないとしているよ。

(´・ω・`)<国際社会ではどちらの意見が有力なの?

そこで注目されるのが、終戦のとき日本が受諾したポツダム宣言だよ。
ここでも、尖閣諸島は返還の対象に含まれていないんだ。
つまり、尖閣諸島は「台湾の一部」ではないし、「中国から奪った」わけでもないことを、世界が認めていると言える。
よって、「尖閣諸島は日本固有の領土」というのが日本政府の主張なんだ。

それに、当の中国も「尖閣諸島は日本のもの」と認めていたからね。

(´・ω・`)<「尖閣諸島は日本のもの」と中国が認めてるの?

主な証拠は3つだよ。

まず中華民国の長崎駐在領事からの感謝状(画像)
1919年に中国の漁民を助けたことで中国側から感謝状が届いたんだ。
その感謝状には、尖閣諸島が日本の領土として記述されていたよ。

次に中国共産党機関紙の「人民日報」(画像)
1953年1月8日付の記事で、尖閣諸島が日本の領土として記述されていたよ。

さらに地図出版社(北京市)発行「世界地図集」1958年版日本図(画像)
ここでも尖閣諸島は中国領の外に記載されているよ。

(´・ω・`)<ならなぜ中国は尖閣諸島の領有を主張するの?

尖閣諸島のあるあたりに資源が眠っているからだと推察されているよ。
なぜそう推察したか? もう一度、時系列を追ってみよう。
■尖閣諸島にかんする出来事
1895年:日本「尖閣諸島を領土に編入するよ」
 (74年後)
1969年:国連「尖閣諸島付近に豊かな天然資源が眠る可能性
1970年:台湾「尖閣諸島は俺のもの
1971年:中国「台湾のものは俺のもの

〝日本が尖閣諸島を領土に編入して75年後〟、〝資源があるとわかってスグ〟に主張を始めたことから、資源目当てのこじつけではないかと疑われているんだ。

(´・ω・`)<石油がなければケンカにならなかったってコト?

そう。実際に、1972年に中国の周恩来首相がこう言っているよ
【中国の首相の発言】
(尖閣諸島は)石油が出るから、これが問題になった。石油が出なければ、台湾も米国も問題にしない。


(´・ω・`)<国際法上はどうなの?

国際法や国際慣習法の点から、次の2つが言えるよ。

  • 日本の領有正当なものである

  • 中国日本の領有を黙認したと見なされる

日本の領有正当なものである


これは、先占の法理という国際慣習法に基づくよ。
先占とは「他人より先に占有すること」で、国際法的には「無主の地(=どこの国にも領有されず、どこの国にも支配されていない土地)を他国より先に占有し領土とすること」だよ。

「先占した」と見なされるには、次の条件を満たす必要があるんだ。
  • 占有の対象が無主の地であること

  • 国家が領有の意思を表示していること

  • 国家が実効的な支配をしていること

日本はこの条件をすべて満たしていて尖閣諸島を先占したと言えるんだ。

中国日本の領有を黙認したと見なされる


先占したはいいけれど、継続的に領有を認めてもらうには条件がある
その条件が「主権の継続的で平和な発現」だよ。
つまり、領有に対して異議がとなえられてこなかったことが必要なんだ。

逆に言えば、異議をとなえてこなかったということは黙認したということ
これも、国際裁判所の判例などを通じて確立してきているルールなんだ。
つまり、75年間ものあいだ異議をとなえてこなかった中国は、日本の領有を黙認したとみなされるんだよ。

(´・ω・`)<だったらどうして尖閣問題が解決できないの?

国際法上は日本の領土でも、国際司法裁判所で解決するには両国の合意が必要なんだ。
それに、実は解決のチャンス何度かあったんだ。
でもその度に、日本側尖閣問題を先送りしてきたんだよ。
そのチャンスを振り返ってみよう

1972年 田中角栄(日本) vs. 周恩来(中国)@日中国交正常化


最初のチャンス日中の国交を正常化するとき。
このとき首脳会談が行われたんだけど、尖閣諸島について触れたのはこれだけ。
【日中国交正常化の際の首脳会談】
田中総理:尖閣諸島についてどう思うか? 私のところに、いろいろいってくる人がいる。
周首相:尖閣諸島問題について今回は話したくない。今、これを話すのはよくない。

つまり、中国の意を汲んで尖閣問題を先送りしたんだ。

1978年 福田首相&園田外相@日中平和友好条約の締結・批准


次のチャンス日中の平和条約を結ぶとき。
このとき、当時の福田首相は次のように言っているよ。
【福田首相の尖閣発言】
(尖閣諸島は)わが国の固有の領土であるということは一点の疑いもないのです。そういうところでありまするから、どうかそれを確認してくれなんというようなことを中国側に申し出ること、これは全く要らざることである、こういうことです。

また当時の条約締結交渉にあたった園田外相はこう回想しているよ。
【園田外相の回想】
日中間でそのことが具体的な問題となっていないものを、この際、わざわざこちらから持ち出して、藪をつついて蛇を出す結果になってしまっては元も子もない

つまり、条約の締結を優先して尖閣問題を先送りしたんだ。

1992年 中国が「領海法」を制定し尖閣諸島を中国領とした


最後中国が「尖閣諸島は中国の領土」と法律で宣言したとき。
けど日本は事務レベルでの抗議とどまり
政府首脳が抗議したり、外交的な解決をはかったりしなかったんだ。
加藤紘一官房長官は次のように言っているよ。
【加藤紘一官房長官の見解】
中国は法体系を整備しつつあるので、その一環としてこれまでの主張を書き込んだのだろう。
しかし、(中国が)なにかアクションを起こすことないと思う

実際には、2010年の尖閣沖衝突事件戦争の一歩手前に陥るんだけどね。

(´・ω・`)<これから僕たちはどうすればいいの?

まずは自分の意見をきちんと持ち相手に主張することじゃないかな。
その上で相手の主張をよく吟味し正すべきところは正していくことが大切だと思うよ。



【参考文献】
①しんぶん赤旗 2010/10/09 「尖閣問題 歴代日本政府の対応 本腰入れた政治的・外交的主張なかった」

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C76] いみわかんねw

中国も日本も意味わかんね
中国は人の領土を自分の物っていってるし、日本も自分の領土ってわかるんなら、先送りするなよ。もう、レアアースなんてどうでもいいよw

[C79]

すごくわかりやすかったです^^
ありがとうございました!
  • 2012-09-04 08:12
  • URL
  • 編集

[C80] y さんへ

コメントありがとうございます!
お役に立てたようでなによりです^^
  • 2012-09-04 18:34
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C81] うんざり

日本だけでも国際裁判に持ち込めます。持ち込むと、なぜ相手国中国は同意をいないのか、国際的に答えなければなりません。どう答えるのか、世界が聞いています。それに対する日本のコメントも。さっさと持ち込んで決着つけてニュースの時間をすっきりさせてください。もう毎日聞いててうんざり。

[C82] 尖閣諸島

 すごくわかりやすかったです ありがとうございました。でも日本の領土ならどうして日本が20億円で買う話が出ているんですか????いろんな 証拠(歴史)があるのにどうしてそれが証明されて問題解決しないのですか?それならどう解決できるんですか?国際裁判?国の問題なのに日本人、日本レストラン 日本車など暴力を受けていることにとてもとてもムカつきます。日本では中国人をいじめている人はいないのに。。。。。イライラ。。。。

[C83] ジャネットさんへ

ジャネットさん。
コメントありがとうございます。
ご質問いただいた件について、わたしなりの見解をご紹介します。

> 日本の領土ならどうして日本が20億円で買う話が出ているんですか????

日本の領土は、「誰が所有するか」で次のように分けられます。
①国有地(政府が所有する土地)
②民間所有地(民間人が所有する土地)
③それ以外(地方公共団体などが所有する土地)

今回は②民間所有地を、①国有地にするという話です。

> いろんな 証拠(歴史)があるのにどうしてそれが証明されて問題解決しないのですか?

日本政府が中国政府と話し合わないことにも一因があります。
日本政府の立場は、「領土問題は存在しない」というものです。
なぜなら、何か言われる度に対応していると、「日本はゴネれば言うことをきく」と思われ、
「次は沖縄だ」「なら対馬だって」と、次々に言いがかりをつけられるかもしれないからです。

> それならどう解決できるんですか?

残念ながら、解決策はまだ見つかっていません。
わたしたちみんなが、これから考えていかなければならないのだと思います。
  • 2012-09-15 17:25
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C98]

中国人に、「日中平和友好条約で尖閣については両国棚上げに同意しているのに、日本はそれをやぶった。」と言われたのですが、どーなんでしょう?自分は「いや、それ言ったら中国の覇権条項のやぶりっぷりは?」と思うのですが・・。
  • 2012-09-21 22:03
  • ai
  • URL
  • 編集

[C99] aiさんへ

コメントありがとうございます。

あくまでも個人的見解ですが、
その中国人の方がおっしゃることも
aiさんのおっしゃることも理解できるように思います。

条約の合意内容がどこまでかという検証をおいたとしても、
中国側からすれば、日本政府の国有化は棚上げには見えないでしょうし、
日本側からすれば、棚上げするには国有化するよりほかになかったと言えるでしょう。
# 政府をおきざりにして東京都が島を購入、開発する可能性があったため。

どちらの意見が正しいにせよ、いえ、正しいかわからないからこそ、
やはり「日中両国がきちんと話し合いの席につくべきだ」
という結論に戻ってくるのではないでしょうか。
  • 2012-09-21 23:06
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C100] コメ返しありがとうございます。

newskidsさん、コメ返しありがとうございます。

前回の自分の質問内容をいくつかのブログさんに残したのですが、多くの方は反応無しか「中国の覇権条約の無視ぶりを見れば、尖閣の都の購入及び国有化は止む無し」という日本よりの意見でした。

自分も「まぁそうだよな。俺も日本人だからどうしても日本よりの意見を持つし、何より中共の行動を見てるとなぁ・・」と思っていたのですが、newskidsさんのあくまで中立的な意見に少々感銘を受けましたw

今後もこちらにちょくちょくお邪魔して、勉強させて頂こうと思います。

[C101] aiさんへ

とても丁寧な返信をいただき嬉しいです。

わたしの残した文章が、なにかの一助になりましたら幸いです。

不定期更新になっていますが、時間のとれるときにまとめて書くスタイルですので
今後ともごひいきにしていただければと思いますm(。。)m
  • 2012-09-22 19:02
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C102] 不思議な話です

解説、よく分かりました。だったら日本はなぜ日本の領土だといっているのかの根拠お、そして中国領土だといっている中国の根拠をお互いに検証すればいいわけで、お互いに「固有の領土だ」と言い合っているだけの姿は誠に子供の喧嘩のようでイラつきます。解説によればそれはとても簡単に解決できるような気がしてますけど。

[C103] よこさんへ

コメントありがとうございます。

> だったら日本はなぜ日本の領土だといっているのかの根拠お、
> そして中国領土だといっている中国の根拠をお互いに検証すればいいわけで、

どうやら、日本政府の考え方は違うようです。
日本政府は「言いがかりにいちいち対応すべきではない」と言っているように見えます。
その背景として、次のような可能性が考えられます。
①いちいち対応していたら、「次は沖縄も」「なら対馬だって」とキリがない
②対応することが、かえって中国や日本の国民感情を刺激することにつながる
③対応したところで、解決できる保証がない
# その一因として、中国でも日本でも、すべての事実が報道されるとは限らない実態がある

とはいえ、「固有の領土である」の一点張りでは問題を解決できないことも事実なので、
やはり話し合いの席につくことは必要であると、私自身も感じます。
  • 2012-09-27 14:27
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C104] 尖閣を友好、有益の島に

●うんちく
領土のあやふなな地帯は必ずしもどちらかの国の領土にしなければいけないものだろうか?
国(当事者)は昔のことをとにかく語る。いいように。
で、今はけんかするし、戦争まで始めようとする勢いだ。
中国は庶民を押さえられない状況です。
デモ行動の見方はいろいろあるが、日本はデモの暴徒化の傾向を遺憾ってだけでくくってしまう現実で、破壊に対しては当然ですが賠償しろって言います。
(悪いやつは制裁しなければいけませんが、中国政権への国内不満が中国政権崩壊へと願う都合の良い解釈もあると思う)
でも、デモ活動が全てではなく日本人、中国人の庶民の本質は違うんです。
中国にも行くし、日本にも来る。けっこう仲良く仕事も遊びも一緒にするし、国際結婚もするんですね。
けんか(戦争)したら負けるでしょう。当然だ、って日本人は皆思ってるはずです。(中国は勝って当然と思ってますよ。たぶん)
歴史はいろいろあります。日本では当たり前で尖閣諸島は日本の領土です。
でも、中国の人にとっては現文化(今の教育)が違うんです。
中国は、皆さん中国色に、魚釣島は中国の領土だって染められています。
日本で教える歴史と、中国で教える歴史って違うんですよ。別の国だから、日清戦争のときにって話まででてくるんですね。
(中国国内ではかなり都合いいように作っているように思えますが、日本だって着飾ってることあるはずです。正統派つもりですが、ありますよね。きっと。)
だから古今を語って、いいとこ取りの主張をしているんでしょうか。
歴史をもって、領有権を主張!、今をもって、昔から実効支配!なんでしょうか。
中国から日本企業は撤退ですか。企業(働く人)は不安を持ちながら営業しますか。
国交正常化40年記念式典が中止になりました。悲しいですね。デモや暴動が平行に起こって、式典が無意味になっても困りますし。。。
水鉄砲遊びまで始めました。台風が近づいているのに、、、国と国だと船まで使ってスケール大きいですね。楽しそうではありませんでしたが。
歴史上は戦争を沢山(中国とは片手で足りるらい?ですが)やりました。
お互いの主張を戦ったんです。昔のことなんで事実は書物だけです。消えたものもある。改ざんされたもののある。って思いませんか?
自国を守る精神、自国の発展って皆同じです。どの国も。
人間の命もまた同じ重さで、日本は民主主義なんだから多数決しますか?10億対1億で負けますよ!
やっぱり、けんかします?負けますよ!味方になったら心強いですが。
強い軍事力は大事ですが、内に秘めたやさしさ、統率力がないとダメです。
歴史の同じ過ちを繰り返したくないんです。
啀み合っていいことありますか?(中国人って何言ってんの。尖閣は日本のものって重々承知です。国民に怒られますが。)
中国って10億人をまとめてるんですよ。中国共産党って国を守っているんです。1党独裁でも凄いことですね。
中国だって問題が大きくなって困ってます。更に領有権は主張する方向で退けない状態ですよね。
核爆弾のスイッチを押させますか?日本は持ってないんで、先制攻撃でリセットスイッチ(尖閣まで回路をつなげないと)を押しましょう。押させましょう。
総理?、外務大臣?、与党?、自民党?誰も押す気がなさそうですが。
賢い弁護士雇って国際法で解決ですか。勝ったら隣国関係は治まりますか。負けたらきっぱり身を引き、文句いいませんか。
上告ってありですか?最終判決って何処?まだまだずるずる先延ばしですか。
頭を空(無)にすることも大事です。島の歴史は忘れて、これから意図のある島の歴史、隣国との歴史を創りましょう。
日本は大人なんだから、譲歩していいんではないでしょうか。願うのはお互いに譲歩し合うって精神ですよね。
アンパンマンって頭をかじらせてあげます。みんなに満腹感、優しさなどを分け与えるんですね。
アンパンマン精神にあやかって日本からは、領土をあげる(与える)んです。
お腹が減っている人にはかじってもらっていいんです。(領土なので、おおきく言いすぎですが)
親だって子供に言いますよね。はんぶんずっこ(等分しなさい)って。欲しいものを引っぱり合ったら壊れるんです。良い教え(文化)ですね。
実効支配、領有権なんか放棄してしまえぇ。。。
中国はきっと次は沖縄もよこしなって、なんて話もありますが、そんなのは次の話(問題)でまた解決しましょう。
中国に対して言い方悪いですが、罪人だって更生の余地があるんですよ。日本だって戦争して罪を犯してますよ。もっと更生しましょう。
昔のことといって、笑い話とまではならないかもしれませんが、勉強材料として明るい未来を想像?、それより創造しましょう。
沖縄もよこせなんて憶測です。中国を信じましょう。でだめですか?
その前に沖縄の人が中国にしてくれって言うなら別ですが。ありえない話ではないですか。
中国4000年の歴史を文化発祥って語る国です。(都合が良いように語るだけはダメですが)次の文化、いい暮らしを真剣に考えますよ。
このまま何十年もだんまりで、問題ありのまま解決するつもりですか?時が解決・・・というより野放しですか?もうどうにもならないところにきてないですか?
友好って言っといて停滞、経済交流も停滞、でなくていろいろ衰退のままにしますか?
次の世代にツケをこのまま押し付けますか?赤字予選もですが。。。
更なる友好、更なる経済復興(コミュニケーション、釣り、資源開発、観光交流etc)しましょう!
お互いに不安のない漁業、限りある資源を共に発掘、楽しい観光旅行しませんか。
生きている間に中国に行って4000年の歴史も見たいです。金銭的になかなか行けませんが。
政治家のみなさんは民衆の力をあずかり、国のことを日々考えておられますが、守るってこと=譲歩(歩み寄り)に変えられないでしょうか。
政権とるために、選挙っすか。勝け負けって常ですか。
国のプライドですか。強い国をっていう思いは何の強さですか。経済を支える中国を無視、敵対し、国民はやむなく別の国とって方向を変えるしかないんですか。
国有化はチャンスじゃないですか。国のものなんですから。国同士の交渉に使いましょう。国のため、国民のために!
勝ち負けで考えますが、後味わるかったら勝ったって思わないし。嬉しくないです。負けたって心は勝つ、元気になるんですよ。
この頃老眼がすすんできました。次の世代の人々が楽しく、やる気がでる、つまる世の中にしたいです。
「よろしく」が通じる日本にするため、ちょっと年食ったもんが立ち上がって、示しをつけなアカンです。

●提案(島の共有に1票です。)
共有しましょう!合弁で!友好の島です。
各国の譲歩がどこまで受け入れられるのか、そんなことは知りませんが、ここから提案です。
まず、3等分しましょう。尖閣諸島(魚釣島、南小島、北小島、久場島)1/3づつですよ。勝手ですが、色つけました太っ腹!
日本に入ったとか、線を踏んだとかいってもめてもいけませんから、魚釣島周辺を含めましょう。
日本、中国、台湾で山分けっす。
・共有の島って実現?ここが一番の問題ですが。
・20.5億/3 = 6.3億円 を中国、台湾に払ってもらいましょう。(徴収しますよ。地権者に払ったんですから)
・まず、3国の旗を立てましょう(3国納得する新しい名所名もいいですね。もめずに!)
・日中台友好でがむばりましょう。
・隣国の軍縮も唱えましょう。
・資源の共有(漁業権につき楽しく釣りしたいですが、資源開発、観光交流etc)、あるだけの資源なんで計画的に。
・3国の危機的状況以外は軍事配備を禁止(警備は必要ですが)
・まだまだ盛り込めると思いますが、利益、資源消費の考えは共存主体で。

●理想(Heartの共振)
未来をへたに(勝手に)語ります。理想は各々ですので、勝手でごめんなさい。
日本人は啀み合うのはやめましょう!日本は理不尽だって思ってるが、中国も何故か怒ってる?理不尽だって思ってます。
いつまでたっても良くはなりませんよ。文化?教った考えが違ってますから。
今まで日中友好とか言ってましたが、本当じゃなかった事実がありましたね。
日中台友好の島にならないでしょうか。なんとかしてっ!
一度壊れた橋ですが、今の時代に合った架け橋を架けましょう。みんなが渡れる橋を。
細かい取り決めは政権を握った代議士にお任せですが。。。
友好の島の上に共に上陸。気兼ねなくすれ違い、あいさつできる。島上を旅客飛行機が飛び交う光景は楽しいじゃないですか。
本当の友好になるために、更なる経済活性になるように、友々に譲歩出来るように。
欲を言えば、次は独島、次は北方領土までも友好の島になったらいいよね、と願いたいです。
アジア発信の考えが隣国友好の術をリードし、地球規模の友好の見本となれるといいですね。
予言では今のサイクルが終わり、次のサイクルが始まります。
2012年12月12日って良い日ではないですか。
月(陰暦の国)と日(陽暦の国)が友に1歩2歩と歩み寄る新しい記念日です。
日本っていいね。日本製っていいね。アジアっていいね。ってみんなの心に刻まれることを願います。
地球資源を食いつぶす日は近いです。奪い合いを繰りかえさない世の中を願います。
未来の地球上の生活を、自分の子供、後生のことを世界レベル、宇宙レベルで考えられるように。

太陽が爆発するまで暮らせる地球のために・・・
  • 2012-09-28 00:47
  • 教伝
  • URL
  • 編集

[C105] 沖縄返還

ポツダム宣言に注目していますが、その後沖縄自体がアメリカの統治下に置かれ、日本国の領土ではなくなっていますよね?
なので、ポツダム宣言時点の話は、客観的にみるとご破算になっているようにも思われてしょうがない部分もあるかと思います。
なので注目すべきは、沖縄返還であって、その際にアメリカから返還された範囲に入っている、だから日本領土なのだと言えばよいのだと思うのですが、アメリカに気を遣って言えないのでしょうか?

[C106] もんさんへ

貴重なご意見ありがとうございます。
わたしにとっては新説でしたので、興味深く拝見させていただきました。

以下、間違いがあるかもしれませんが、現時点での率直な感想を述べさせていただきます。

> ポツダム宣言に注目していますが、その後沖縄自体がアメリカの統治下に置かれ、日本国の領土ではなくなっていますよね?

アメリカの統治下にあるということが、すなわち日本の領土でないことになるのかという点に疑問が残ります。
たとえばイラクやアフガニスタンなど、アメリカが戦後統治している地域があります。
これらの地域もイラクの領土であり、アフガニスタンの領土なのではないでしょうか。

> なので、ポツダム宣言時点の話は、客観的にみるとご破算になっているようにも思われてしょうがない部分もあるかと思います。

そういう側面があるのだとすれば、きちんと検証する必要がありそうですね。

> なので注目すべきは、沖縄返還であって、その際にアメリカから返還された範囲に入っている、だから日本領土なのだと言えばよいのだと思うのですが、アメリカに気を遣って言えないのでしょうか?

最近のニュースで、その点について触れたものがありました。
> <尖閣問題>「尖閣は中国領」にこれだけの論拠!沖縄返還協定も「国際法違反」―韓国人学者
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000016-rcdc-cn

この記事によれば、沖縄返還協定そのものが無効なのだそうです。

> 国連憲章第78条では、信託統治は加盟国には適用しないと規定している。
> 琉球が信託統治を受けたという事実は、琉球が日本の領土ではないことを証明している。
> (中略)
> つまり、国連憲章を無視した日米間の沖縄返還協定は国際法違反であり、無効である。

ただし、この論理にも疑問が残ります。
 「信託統治は加盟国に適用しない。だから琉球は日本ではない。故に沖縄返還協定は無効だ」
という論理だけではなく、
 「信託統治は加盟国に適用しない。だから日本の琉球に適用できない。故に信託統治は無効だ」
という論理も成り立つように思えます。

どちらにせよ、今後の推移に注目していく必要がありそうですね。
  • 2012-09-28 15:42
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C107] 勘違いしてました

SF講和条約によって権利を放棄させられた中には琉球は含まれてないんですね。その後、沖縄返還という言葉によって、琉球も一度放棄されて返ってきたんだ、という勘違いをしてました。

信託統治という、国連憲章から見ると複雑な状態だったんですね。

1946年当時の米国は、明確に日本と琉球を切り離そうと考えてた、ということなのでしょうね。

でも、数年後の1951年には考えが変わって、完全な切り離しはやめて、日本に帰属させたまま、琉球統治を継続するという方針に出た。

その結果、憲章に矛盾するような状態になってしまった、と。
この沖縄返還無効論に対しては、信託統治無効宣言でもなんでも、それまでのいろんなことを主導して決めてきた米国が対応すべき話ですね。

[C108] もんさんへ

コメントありがとうございます。

> SF講和条約によって権利を放棄させられた中には琉球は含まれてないんですね。その後、沖縄返還という言葉によって、琉球も一度放棄されて返ってきたんだ、という勘違いをしてました。

なるほど。そうお考えだったということですね。

> この沖縄返還無効論に対しては、信託統治無効宣言でもなんでも、それまでのいろんなことを主導して決めてきた米国が対応すべき話ですね。

そうですね。
沖縄返還が無効であろうと、信託統治が無効であろうと、
どちらにせよ名実ともに日本の一部であった沖縄が独立したという根拠にはならない以上、
現在の日本に直接関係のある話ではないと思います。
  • 2012-09-28 23:32
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C109] 歴史嫌い

小学校・中学校・高校と、勉強として学ぶ歴史・経済などの科目が大嫌いでした。文字を読み上げるだけのつまらない授業だった事もあり、興味が湧かず、社会人になってから後悔することも多かったです。このように私からすると難しく感じるものも、ものすごく分かりやすく、理解する事ができ、とても感謝しています!「尖閣諸島・問題」で検索してたどり着きました。素敵な発見に感謝です。これを期に、いろいろと勉強させていただきます。また読みに来たいと思います。ありがとうございました!
  • 2012-09-29 15:53
  • じゅんこ
  • URL
  • 編集

[C110] じゅんこさんへ

コメントありがとうございます!
いくらかでもお役に立てたのであれば嬉しいです。

いただいたお言葉を励みに、また時間を見つけては更新していこうと思いますので
今後ともよろしくお願いします。
  • 2012-09-29 18:22
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C111]

尖閣諸島の問題がよく分からなかったので、このホームページを見させていただきました。とても分かりやすかったです。 ありがとうございます。
  • 2012-09-30 08:32
  • o初o
  • URL
  • 編集

[C112] o初oさんへ

コメントありがとうございます。
なにかのお役に立てたのであれば、嬉しいです。
  • 2012-09-30 09:11
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C113] はじめまして

私の学部での授業準備や、今取り組んでいるプレゼンの準備にとても参考にさせてもらいました!コメントされてる方々の意見もとても素晴らしいものばかりです!
ありがとうございます!

  • 2012-09-30 11:23
  • 大学生
  • URL
  • 編集

[C114] 大学生さんへ

コメントありがとうございます!

大学での講義ともなりますと、情報にはたしかな出典を示すことが求められると思います。
このページに書いてある内容は【参考】にある記事をもとにしています。
ネット上の記事ですと次の文書が参考になると思います。
http://www.jcp.or.jp/down/bira/10/pdf/1010-senkaku-color.pdf

これらの記事がお役にたてれば何よりです。
  • 2012-09-30 12:19
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C116]

日本政府の主張と国際社会の認識のズレがあって、国際司法裁判所に提訴したら負けるでしょう。

領土問題は歴史問題だけではなく、力関係で決まる事も多いので、譲歩して半分割譲するのが一番です。もともと、領土は戦争して広がったり失ったりしていたのです。

裁判は公正に行われるなどと言うのも甘い認識です。常任理事国の中国に沿って裁判が行われてしまうであろう事は馬鹿でも判ります。

戦争になっても、問題が尖閣だけに留まるなら米軍は助けてくれません。
  • 2012-09-30 21:21
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C117] 名無しさんへ

コメントありがとうございます。
お考えを興味深く拝見させていただきました。

> 日本政府の主張と国際社会の認識のズレがあって、国際司法裁判所に提訴したら負けるでしょう。

日本の主張がどう見られているかは大切なところですね。
なにか参考になる資料などがありましたらお教えいただけますと助かります。

> 領土問題は歴史問題だけではなく、力関係で決まる事も多いので、譲歩して半分割譲するのが一番です。

たしかに、それも一つの方法ですね。

> 裁判は公正に行われるなどと言うのも甘い認識です。常任理事国の中国に沿って裁判が行われてしまうであろう事は馬鹿でも判ります。

そうだとしたら残念ですね。
具体的に常任理事国に有利に行われた事例などがありましたら、
お教えいただけますと助かります。

> 戦争になっても、問題が尖閣だけに留まるなら米軍は助けてくれません。

この点は一部報道でも疑問視されていましたね。
米政府は「尖閣諸島は安保条約の対象」と明言しているが、
現に戦争を開始するためには議会の同意が必要で、
議会までもが「尖閣諸島は安保条約の対象」と認める保証はない、とのことでした。

なんにせよ、いろいろな事態を想定しておく必要がありそうですね。
  • 2012-10-01 01:53
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/125-cbb83d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。