Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/130-04d26f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「自己責任!」は無責任?どこまでが自業自得?

(・∀・)<ギリシャ危機って、ギリシャ人の自己責任だよね?
(・A・)<でも、どこまでが自己責任かは難しい問題だよ
(・∀・)<なんで? 借金が返せないのは、本人のせいでしょ?
(・A・)<借金なら日本だってしてるよ。状況は違えど、ヒトゴトじゃないんだ
(・∀・)<日本の借金は大人が作ったものだよ。ボクたちこどもは関係ない
(・A・)<でも海外の人に「ぜんぶ自己責任」って言われて、納得できる?
(・∀・)<それはひどいよ! どこまでが自己責任なのか、ちゃんと考えて!
(・A・)<じゃあ、今日は自己責任について一緒に考えてみようか

(´・ω・`)<自己責任ってなに?

まずは、言葉の意味をおさらいしておこう。
■「責任」と「自己責任」の意味(デジタル大辞泉より)
責任
 自分のした事の結果について責めを負うこと。
自己責任
 1 自分の行動責任は自分にあること。
 2 自己の過失についてのみ責任を負うこと。

つまり、自業自得ということだね。

ここで重要なのは、「自己の過失についてのみ責任を負う」という点。
これは過失責任主義として民法の原則にもなっている考え方だよ。

(´・ω・`)<じゃあ自己責任論ってなに?

もともと「国家に束縛されるより、自己責任で自由にやりたい」という考え方。
でも最近「世の中すべて自己責任。国家は助けてあげませんよ」と受け止められ、無責任を正当化するための言い訳だと批判されてもいるよ。

(´・ω・`)<(本人の)自己責任と(周囲の)無責任の境界は?

難しい問題だけど、考え方のポイントは次の点じゃないかな。
■(本人の)自己責任と(周囲の)無責任の境界は?
①過失の大きさ(自業)は適切か?(どこまでが本人のせい?)
②責任の大きさ(自得)は適切か?(超えてはならぬ一線も?)
③過失と責任のバランスは適切か?(目的と効果は一致している?)

自己責任が成り立つのは、すべてが「適切な範囲」に収まる場合だと思うよ。

(´・ω・`)<「適切な範囲」ってどこまで?

結局、そこが問題だね。

「①過失の大きさ」については交通事故がいい例。
誰か一人が100%悪いなんて、まずあり得ない。関係者の話をよく聞いて、第三者が判断する必要があるよ。

「②責任の大きさ」については死刑制度がいい例。
日本では認められている死刑だけど、海外では禁止しているところもある。「どこまでが許される罰か?」は難しい問題だよ。

「③過失と責任のバランス」については企業の破産がいい例。
破産(過失)した後、再建するのか、廃業するのかで対応(責任)は変わるよね。
 再建が目的なら、資産を守って支援を取りつける必要がある。
 廃業が目的なら、資産を売って借金を返していく必要がある。
このように、目的に合った責任の取り方が大切だよ。

(´・ω・`)<大人になると自立とか、自己責任とか、大変だね

たしかに自立も大切。でも、支え合いのない自立孤立と紙一重。
乱暴な自己責任論を振りかざして支え合いを失うことのないよう、僕も気をつけたいと思うよ。




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/130-04d26f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。