Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C33] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
「日刊こどもニュース」拝見いたしました。
趣旨・動機はとても近いように感じました。
今後の勉強に、ちょくちょく拝見させていただこうと存じます。
よろしくお願いいたします、先輩。

ご質問の件ですが、発行前の12月に、プレ創刊として記事を載せる予定ですが、その後もサンプル用にちょくちょく載せる予定です。
またそれ以外にもメルマガとは違う形で何らかの記事を載せる予定です。

[C34] 日刊こどもしんぶんしゃさんへ

お返事ありがとうございます。
> ご質問の件ですが、発行前の12月に、
> プレ創刊として記事を載せる予定ですが、
> その後もサンプル用にちょくちょく載せる予定です。
私も拝見させていただきたく、楽しみにしています。

> よろしくお願いいたします、先輩。
おもはゆく、恐縮しきりです。
お仲間と思っていただければうれしいです。
  • 2011-11-29 15:22
  • news4kids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/140-81b056e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

円本位制ってなに? 日本が戦犯にされちゃうの?

(・∀・)<円本位制ってなに?
(・A・)<金(きん)本位制を、金ではなく円でおこなうことだよ
(・∀・)<金本位制ってなに?
(・A・)<金(きん)との交換を約束することで、通貨の信用を保つ制度だよ
(・∀・)<じゃあ円本位制は、通貨が円と交換できることで信用を保つの?
(・A・)<そう。実際、ドルやユーロを円に替える動きが止まらないよ
(・∀・)<どうして円がそんなに人気なの?
(・A・)<円本位制の状態では、下手に円の人気を下げられないからね
(・∀・)<なんで?
(・A・)<円が通貨体制を守る最後の砦にさせられているからだよ
(・∀・)<じゃあ、ムリヤリ円の人気を下げたらどうなるの?
(・A・)<最悪、通貨体制は崩壊、市場は混乱、石油を求めて世界対戦に・・・
(・∀・)<もう! おどかしっこなしよ

(´・ω・`)<円本位制ってなに?

金本位制を、金ではなく円でおこなうことだよ。

(´・ω・`)<金本位制ってなに?

金と通貨との交換を約束することで、通貨の信用を保障する制度だよ。

(´・ω・`)<どういうこと?

たとえばこども銀行券で買い物しようと思っても、誰も売ってくれないよね。

(´・ω・`)<そりゃそうだよ

なら、「こども銀行券を同額の金と交換します」って言ったらどう?

(´・ω・`)<それならこども銀行券でも使えるかもね。っていうか、ボクも欲しい

このように、金との交換を約束することで、通貨が〝使える〟ようになる。
――これが金本位制なんだ。

金本位制は貿易を活発にさせるんだよ。
なぜなら貿易はさまざまな通貨をやりとりするから、通貨の信用が大事なんだ。

(´・ω・`)<じゃあボクのお金も金に交換してもらえるの?

残念ながら、金本位制は昔の話。今は違うんだ。

(´・ω・`)<どうして今は金本位制じゃないの?

金本位制には限界があるからだよ。

(´・ω・`)<金本位制の限界って?

持っている金を超える通貨発行できないってこと。
だからこそ、通貨を勝手に増やすことができず通貨の価値が安定するんだ。

(´・ω・`)<じゃあ通貨を発行しすぎたらどうなるの?

当然、金本位制は続けられなくなる。それが1971年に起きたニクソンショック
米国が貿易で赤字を積み重ねると同時に、戦争でお金を使いすぎたんだ。
その結果、ニクソン大統領が「金とドルの交換をやめます」と宣言したんだよ。

(´・ω・`)<じゃあ通貨は使えなくなるんじゃないの?

そうならないように、各国が節度を持って通貨を発行する必要があるんだ。
ところが、米国は景気回復のために通貨の供給量を増やしている
そのうえ、ユーロ債務危機で信用が落ちている
ドルもユーロもダメということで、円に人気が集まっているんだ。

(´・ω・`)<どうして円に人気が集まるの?

たしかに不思議だよね。
だって不景気失われた20年と呼ばれ、国の借金1000兆円だもん。

(´・ω・`)<なのに、どうして人気なの?

その理由は、「国債のほとんどを日本人が持っているから」といわれるよ。
■日本国債を持っているのは誰?
海外投資家:7%
国内投資家:93%
 うち日本銀行+金融機関:9割近く
  うち公的機関:全体の2割

しかも、家計の純資産が1100兆円もある
つまり、「増税すれば借金を返済できる」状況なんだ。
――国民(納税者)国民(公的機関も含む)に返済するってことだね。

(´・ω・`)<でも、増税だけでカバーできなかったら?

最悪の場合「国債を日銀が引き受ければチャラになる」ともいわれるよ。

(´・ω・`)<え? どういうこと?

日銀が国債を買い取ると、次のようになるよ。
■日銀が国債を買い取ると
①まず日銀国債を買う。
②すると政府は、期日までに利子をつけて日銀に借金を返済する。
③すると日銀は、儲けた分を政府に返す(日銀の儲けは政府のもの)。
――こうすれば、政府はいくらでも日銀から借金できる。

でもこれは、実質的にお札を刷っているようなものなんだ。

(´・ω・`)<そんなのアリなの?

ナシだよ。
財政法第五条で禁止されているからね
それをすれば、インフレで個人金融資産1400兆円が水の泡になりかねない。
でも抜け道がある。
政府から国債を買い取るのはダメなんだけど、
民間から国債を買い取る(買いオペレーション)のはアリなんだ。

(´・ω・`)<でも、そしたらインフレになっちゃうんでしょ?

たしかにインフレになり、円の信用も失われるけど、ひとまず借金は返せる。
とはいえ、「日銀はそこまでしないだろう」思う人が多いから、
円に人気が集中しているんじゃないかな。

(´・ω・`)<なぜ〝日銀はそこまでしない〟の?

その一因が、実質的な円本位制にあるんじゃないかと思うよ。

(´・ω・`)<そうそう、円本位制の話だったね

円本位制とは何か?
世界の3大通貨と呼ばれるドル、ユーロ、円のうち、
ドルとユーロの信用が失われ資産を円に替える人が多い一方で、
円という避難先があるからこそドルやユーロを持ち続ける人もいる。
これって、ドルやユーロの信用円が支えているようにも見えるよね。
――これを金本位制になぞらえ、円本位制と呼ぶ人がいるんだ。

(´・ω・`)<なら、円本位制ってイイコトだね

そうとも言いきれないよ。
もしも実質的な円本位制のとき、円の価値が下がったらどうなるかな?
■円本位制で円の価値が下がった場合
日銀がインフレを発生させ円の信用が下がる
②ドル、ユーロに続き、「円よ、お前もか」となり、通貨体制が崩壊する。
 ⇒「お金なんて、しょせん紙切れ」という人が増え、貯金はパーに。
通貨が崩壊すれば、通貨に支えられた市場は大混乱に陥る。
 ⇒通貨は信用できないので、通貨を金や石油にかえたい人が続出。
石油価格が暴騰。石油をめぐって中東で紛争に。
 ⇒石油を確保するため米国が介入。つられて中国や欧州も介入
 ⇒第三次世界大戦へ?

(´・ω・`)<日本が第三次世界大戦の引き金をひいてしまうの?

あくまで〝もしも〟の話だけど、日本が戦犯にされるのはイヤだよね。
そう考えれば、日銀が慎重になるのも少しはわかるかも。

(´・ω・`)<なんだか不安になってきちゃった

通貨が崩壊すれば、市場が崩壊する。
市場がグローバル化すれば、市場の崩壊世界の危機に直結する。
TPP市場をグローバル化するのも、良し悪しだと思うよ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C33] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
「日刊こどもニュース」拝見いたしました。
趣旨・動機はとても近いように感じました。
今後の勉強に、ちょくちょく拝見させていただこうと存じます。
よろしくお願いいたします、先輩。

ご質問の件ですが、発行前の12月に、プレ創刊として記事を載せる予定ですが、その後もサンプル用にちょくちょく載せる予定です。
またそれ以外にもメルマガとは違う形で何らかの記事を載せる予定です。

[C34] 日刊こどもしんぶんしゃさんへ

お返事ありがとうございます。
> ご質問の件ですが、発行前の12月に、
> プレ創刊として記事を載せる予定ですが、
> その後もサンプル用にちょくちょく載せる予定です。
私も拝見させていただきたく、楽しみにしています。

> よろしくお願いいたします、先輩。
おもはゆく、恐縮しきりです。
お仲間と思っていただければうれしいです。
  • 2011-11-29 15:22
  • news4kids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/140-81b056e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。