Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/151-3b424868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

徹底検証! 貿易の自由化は本当に〝自由〟か?

(・∀・)<自由化ってなに?
(・A・)<国家が干渉(口出しや制限など)をしないことだよ
(・∀・)<じゃあ、貿易の自由化(自由貿易)って?
(・A・)<国家をまたぐ取引に国家が干渉しないことだね
(・∀・)<貿易の自由化って、イイコトなんだよね
(・A・)<でも貿易の自由化は依存甘え貧困などを生むよ
(・∀・)<そんな大げさな
(・A・)<そもそも〝国家が干渉しない〟って、法律をなくす無法化でもあるよ
(・∀・)<法律がなくなったら、誰がボクを守ってくれるの?
(・A・)<自分の身は自分で守る、自己責任ってコトじゃないかな
(・∀・)<そんな〝自由〟なら、いらない
(・A・)<だとしたら、自由貿易を選ばない自由が必要になるね

(´・ω・`)<自由化ってなに?

自由化とは、国家が干渉(口出しや制限など)をしないことだよ。
国家が干渉しないぶん、各自の力量が問われるんだね。

(´・ω・`)<じゃあ貿易の自由化は?

貿易の自由化とは、国家をまたぐ取引に国家が干渉しないことだね。

(´・ω・`)<〝国家が干渉〟って、どんな干渉?

たとえば関税
関税とは、輸入する商品(ときには輸出品にも!)に国がかける税金のこと。
関税が高い輸入品(輸出品)が高くなり、売れなくなる。
国は関税を調節することで、国産品が輸入品に負けないようにできるんだ。

さらには数量制限
数量制限とは、輸入品(ときには輸出品も)の数量に上限を決めること。
数量を制限すれば、輸入品のせいで国産品が売れなくなる心配もない。
国は数量を制限することで、国産品が輸入品に負けないようにできるんだ。

ほかにも安全検査
安全検査とは、輸入品(ときには輸出品も)の安全性をチェックする仕事。
安全検査が厳しすぎると、チェックに手間と時間がかかり輸入が面倒になる。
国が安全検査を厳しくすると、海外の生産者は困るんだね。

(´・ω・`)<〝国産品が輸入品に負けないように〟する必要があるの?

たとえばお米で考えてみよう。
国産米に比べて、海外のお米がとても安いとするよね。
海外のお米が売れて国産米が売れ残れば日本の農家がなくなっちゃう。
すると食糧危機が起きたとき食糧を確保できなくなるかもね。

(´・ω・`)<どうして? 外国から買えばいいじゃない?

食糧危機で世界的に食糧不足になれば、食べ物は地産地消が基本になる。
つまり自分たちで作ったものを自分たちで食べる自給自足に近い状態だね。
すると十分な食糧が出回らず買いたくても買えなくなるかもしれないんだ。

(´・ω・`)<そしたら日本でも農業を再開すれば?

でも、今日再開して明日にお米ができるわけじゃない。
しかも一度でも手入れをやめた農地は、復活させるのに時間がかかるんだ。
さらには農業の技術継承されずに失われている可能性もある。
だからこそ、国産品を守り続けなければならない場合もあるんだね。

(´・ω・`)<でも貿易の自由化って、イイコトなんでしょ?

いいこともたくさんあるよ。
関税数量制限安全検査がなくなれば、
外国から安い商品大量に入ってくるから、消費者の選択肢が増える。

でも一方で、異論もあるんだ。
ここでは、あえて違った意見に耳を傾けてみよう。
■貿易の自由化への異論
①貿易の自由化は依存か?
②貿易の自由化は泥沼か?
③貿易の自由化は甘えか?
④貿易の自由化は鎖国か?
⑤貿易の自由化は貧困か?
⑥貿易の自由化は脆弱か?
⑦貿易の自由化は帝国か?
⑧貿易の自由化は廃人か?
⑨貿易の自由化は無法か?

①貿易の自由化は依存か?


貿易の自由化は、成長人口爆発+経済膨張)をもたらすんだ。

(´・ω・`)<それってイイコトでしょ?

ところが、次のような悪循環にハマってしまうこともあるよ。
■貿易の自由化の悪循環
(1)貿易の自由化で商品が増えると、人口が増え、経済が膨張する
(2)人口が増え、経済が膨張すると、さらに貿易を自由化する必要がある

さらに貿易を自由化しないと、人口と経済まかなえなくなるんだね。

(´・ω・`)<ボクたちは自由化を求めているの? 求めさせられているの?

混乱しちゃうよね。
やめるにやめられないのが自由化なら、それは依存化に過ぎないよ。

②貿易の自由化は泥沼か?


貿易の自由化は、成長をもたらすんだったね。
でも僕たちは、そもそも成長するべきなのかな?

(´・ω・`)<成長には限界があるんだっけ

すでに成長は限界で、持続可能ではないんだったね。
成長(人口と経済の膨張)より、発展(幸福と福祉の追求)をめざすなら、
成長し続けなければならない自由化は、むしろジャマにさえなる。
成長への依存を強めるような自由化なら、それは泥沼化に過ぎないよ。

③貿易の自由化は甘えか?


最近、日本人がテレビや車買わなくなってきているといわれているよ
その一方、介護などでは需要が多くて人手が足りないといわれているんだ

(´・ω・`)<だったら、製造業の人手を介護にまわせば?

そうなるハズなんだ。市場がきちんと機能すればね。
だって売れ残る製造業より、需要の高い介護の方が儲けやすいハズだからね。
でも実際は違う転職は簡単じゃないし、介護で儲けるのも難しいんだ。
そこで製造業は、売れ残る商品を海外で売ろうと考えているんだよ。

(´・ω・`)<じゃあ国内の介護はどうするの?

海外からの移民(外国人)にまかせる案があるよ
移民なら、きつい仕事低い報酬引き受けてくれると期待されているんだ
親の介護を低賃金で外国人にまかせ自分は外国で儲けるんだね。

(´・ω・`)<それって、なんだか奴隷みたい

難しいところだね。
それぞれが能力を活かして働く点は適材適所ともいえるし、
低賃金の肉体労働をたらい回す点は奴隷労働ともいえるかもね。
なんにせよ、安い労働力をねだるような自由化なら、それは甘えに過ぎないよ。

④貿易の自由化は鎖国か?


WTO(世界貿易機関)では、貿易を自由化する交渉を進めているよ。
WTO交渉の特徴は、すべての国が貿易ルールを共有すること。
けど、すべての国が合意できるルールを決めるのは簡単じゃない。
結局、WTO交渉は事実上の停止状態に追い込まれているんだ

そこで、「だったら仲良しグループだけでまとまろう」という動きが出てきたよ。
欧州のEU北米のNAFTAアジアのASEAN、最近はTPPもある
けど問題は、力の弱い途上国が仲間はずれにされる心配があることなんだ。
これじゃ仲間作りのはずが、仲間はずれつぶしになりかねない。

(´・ω・`)<なんだか閉鎖的だね

EUからTPPまで、結局は仲良しグループの集まりだからね。
WTOでさえ、最近までロシアが参加できてなかったぐらい閉鎖的なんだ
仲良しグループがまとまるだけの自由化なら、それは鎖国化に過ぎないよ。

⑤貿易の自由化は貧困か?


貿易が自由化すると、先進国途上国との競争が激化する。

先進国は途上国へと投資して低賃金で大量生産させ、価格競争にはまる。
途上国は先進国から借金して労働者を大量雇用して、借金地獄にはまる。

価格競争借金地獄で共倒れする自由化なら、それは貧困化にすぎないよ。

⑥貿易の自由化は脆弱(ぜいじゃく)か?


債務危機や食糧危機など、貿易の自由化は危機を世界の危機にする。
だからこそ一国の危機をみんなで支えあい平和を維持できるともいえる。
でも全員がドミノ倒しになったときいったい誰に支えることができるのか?
全勝か全滅か――それしかない自由化なら、それは脆弱化に過ぎないよ。

⑦貿易の自由化は帝国か?


貿易の決済(支払い)には基軸通貨(現在はドル)が使われるよ。
けど問題は、ドルの値段は常に変わるってこと。
輸出産業の多い日本にとって、ドル安(円高)は不利だといわれているよ

(´・ω・`)<じゃあ米国がドルを大量に刷ってドル安に誘導したら?

もちろん、日本は困るよ。
実際に米国はドルを刷ってドル安を作り出しているといわれているしね
そのおかげで、日本の輸出産業は大打撃を受けているんだ。
そこで、関税などをなくすTPPが注目されているんだよ

(´・ω・`)<日本も円を刷れば?

たしかに、円を刷れば円安になるから輸出で有利になる。
けど一方、石油などの輸入は不利になってしまうんだ。
でも米国なら、石油価格の決定権を握る上に、自国通貨で石油を買える。
そうしたこともあって、実質的に米国だけが外国為替市場を操作できるんだ。

(´・ω・`)<貿易を自由化しても、通貨は支配されているんだね

米国だけが有利な状況を作り出せる自由化なら、それは帝国化に過ぎないよ。

⑧貿易の自由化は廃人か?


もしも貿易が完全に自由化したら、麻薬の輸入も自由になるのかな?

(´・ω・`)<そんなこと、あるわけないよ

ところが、あったんだ。
それがきっかけで、1840年英国中国アヘン戦争をしたんだよ。

(´・ω・`)<どういうこと?

英国は中国から紅茶を輸入するため、英国製品を中国に売ろうとした。
けど中国には、買いたいものがなかった。
そこで英国は、アヘン(麻薬のひとつ)を中国に売りつけたんだ。

(´・ω・`)<そんなのダメ、ゼッタイ!

当然、中国アヘンの輸入を禁止した。
すると自由貿易をかかげる英国は、怒って中国に戦争をしかけたんだ。
結局、戦争に負けた中国英国との不公平な貿易を強いられたんだよ。

(´・ω・`)<アヘンの押し売りが〝自由〟なんて、昔の話でしょ?

違うよ。
最近でも、20世紀を代表する経済学者のひとりミルトン・フリードマンは、
「麻薬を禁止せず、売買に税金をかけて財源にしよう」との考えなんだ。
フリードマンの掲げる新自由主義は、日本でも小泉政権で取り入れられたよ。

(´・ω・`)<麻薬を認める経済学者の考えは、意外に身近で支持されてるんだね

相手をクスリ漬けにするような自由化なら、それは廃人化に過ぎないよ。

⑨貿易の自由化は無法か?


自由化とは国家が干渉しないこと。そこには法律をなくすことも含まれるよ。
ときには他国の法律をなくすのに、武力攻撃が利用されることもあるんだ
ムリヤリ法律をなくすような自由化なら、それは無法化に過ぎないよ。

(´・ω・`)<自由ってなんだろうね

よく、「自由とは自律的なことである」といわれるよ。
自律的とは「どっちが楽か?」や「まわりの意見」に振り回されないこと。
けど最近「自由貿易は世界の流れ。バスに乗り遅れるな!」なんて意見も。
そうやって振り回されているだけじゃ、自律的な自由とはいえないよね。

(´・ω・`)<でも「日本の生き残る道は、自由貿易しかない」っていうよ?

それが事実なら、新しい道を探す必要があるかもね。

与えられた選択肢のなかから選ぶ〝自由〟と、
新しい選択肢を自分で作り出す〝自由〟
どちらの〝自由〟を選ぶかは、僕たちの自由だと思うんだ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/151-3b424868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。