Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/153-7bdc3328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

共同体はだれのもの?@企業の場合

(・∀・)<共同体ってなに?
(・A・)<国家や企業などの集団だよ
(・∀・)<共同体はだれのものなの?
(・A・)<僕は、逃げない人のものだと思うよ
(・∀・)<なんで?
(・A・)<逃げない人が、最終的にツケを払うからだよ
(・∀・)<どういう意味?
(・A・)<たとえば企業の持ち主ってだれかな?
(・∀・)<社長さん!
(・A・)<社長さんはたんなる〝経営係〟、辞任すればそれまでだよ
(・∀・)<じゃあ株主かな?
(・A・)<株主はたんにお金を出した人、株を売ればサヨナラだよ
(・∀・)<なら社員のもの!
(・A・)<社員だって、いつでも辞められる
(・∀・)<なんだ。みんな無責任だね
(・A・)<その無責任に、グローバル化が拍車をかけるんだ

(´・ω・`)<共同体ってなに?

共同体とは、国家や企業などの集団を指すよ。

人間が集まれば、考え方の違いから派閥が生じる。
派閥が生じると、自然に主導権争いが始まってしまう。
すると、「国家はだれのもの?」「企業はだれのもの?」問題になるんだ。

(´・ω・`)<共同体はだれのものなの?

これは僕の意見だけど、共同体は逃げない人のものだと思うよ。
つまり、最終的にツケを払わされる人のものであり
反対に、いざという時に逃げ出せる人のものではないってコト。
主導権は握るけど、ツケは負わない――そんな人にはまかせられないからね。

(´・ω・`)<どういうこと?

では具体的に、「企業はだれのものか?」について考えてみよう。

(´・ω・`)<企業はだれのものなの?

昔は経営者のもの、現代では株主のものといわれるよ。
企業の規模が小さいころは、会社を興した経営者の発言力が強かったけど、
企業の規模が大きくなると、資金を出した株主金融機関の発言力が高まる。
会社のこととはいえ、社長さんが好きに決められるわけではないんだね。

(´・ω・`)<でもお金を出すってだけで、〝企業は株主のもの〟といえるの?

では2011年に起きた東京電力の福島第一原発事故を例に、
〝企業はだれのもの?〟を考えてみよう。

①企業は株主のもの?


よく、〝企業は株主のもの〟というよ。
現に株主は、東電の〝持ち主〟として原発の建設を認め、利益を上げてきた。
けど原発事故での賠償が問題になると一転、傍観者に徹して負担を逃れる。
さらには、減資(株を無効にしたりして東電の負担を減らす)すらも免除された。
(朝日新聞朝刊 2011年10月4日)

(´・ω・`)<東電の〝持ち主〟なのに、どうして賠償しないの?

株主側「すでに株価の暴落でツケを払った」という趣旨を説明しているよ。
(朝日新聞朝刊 2011年7月14日)
でも株主が損したことと、賠償責任とは別の話。
〝持ち主〟として賠償しないのなら、企業は株主のものとはいえないよ。

②企業は銀行のもの?


よく、〝企業を牛耳るのは金貸し(銀行など、資金の貸し手)〟というよ。
現に銀行原発の建設に許可を出し、必要な資金を貸して利子で儲けてきた。
けど原発事故での賠償が問題になると一転、傍観者に徹して負担を逃れた。
しかも「借金を返さないなら、もうお金を貸さない」と、むしろ東電を追い詰める。
(朝日新聞朝刊 2011年7月14日)

(´・ω・`)<〝牛耳る〟クセに、どうして賠償しないの?

貸し手側「弁済(返済や賠償など)は、まず貸し手への返済が先」と説明。
(朝日新聞朝刊 2011年5月14日 BNPパリバ証券 中空麻奈さんの話)

(´・ω・`)<「まず銀行に借金を返し、あまったお金で賠償しろ」ってコト?

そうだとしても、身内への借金返済と、被害者への賠償責任とは別の話。
被害者のフリして賠償に割り込むなら、企業は銀行のものとはいえないよ。

③企業は社長のもの?


僕たちにとって、企業は社長さん(経営者)のものだという印象があるよね。
たしかに、株主にも銀行にも頼らずに企業を立ち上げる社長さんもいる。
ところが東京電力の福島第一原発事故が起きると、
東京電力の清水社長は、暴走する原発から社員を撤退させようとしたんだ。

(´・ω・`)<原発を放り出しちゃうの!?

政府側「清水社長が撤退したいと言ってきたのではねつけた」と主張し、
東京電力「誤解だ。全面撤退のつもりで言ったのではない」と主張している。
一方、当の清水社長は「過去は語らん」と取材を拒否しているんだ。
(朝日新聞朝刊 2012年2月6日)

(´・ω・`)<それで〝持ち主〟といえるの?

それだけじゃないよ。
事故の賠償にしたって、社長さんが個人で負担できるものじゃない。
仮に社長さんが亡くなっても会社の賠償責任はなくならない。

個人の責任では済まない以上、企業は社長さん個人のものとはいえないよ。

④企業は社員のもの?


結局のことろ、企業は社員のものなのかな?
たしかに巨額の賠償ともなると、最後は社員給与が減らされることになる。
けど東電の社員は「給与が減るなら仕事しない」と負担のツケを拒否
それに、もしも社員がみんな辞めたって被害者への賠償が済むわけじゃない。
被害者への賠償がある以上、企業は社員のものとさえ言い切れないよ。

⑤企業は国民のもの?


ならやっぱり、企業は国民のものなのかな?
たしかに国民だけは、最終的なツケから逃れられない。
けど国民も、最後の最後には国家を捨てて外国に逃げられるようにも思える。
とはいえ全国民の移住はムリ――やっぱり国民はツケから逃れられないんだ。

(´・ω・`)<なんだかみんな、無責任に見えるね

残念なことに、その無責任をグローバル化が助長する側面もあるんだ。
株主「政府が株主の責任を求めるなら、海外投資家が日本株を売る」と迫り、
銀行「金融市場は国際市場。国内事情で振り回すな」と賠償に背を向け、
社長「企業に責任を押しつけるなら、海外に出る」と多国籍企業化を進め、
社員「いつでも日本を捨てて海外で働けるように」と英会話を学ぶ。

そうやってみんなが逃げ出すなら、企業はだれのものなんだろうね。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/153-7bdc3328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。