Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/160-6a01d51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホントにホント? アメリカはホントに実力主義?

(・∀・)<実力主義ってなに?
(・A・)<実際の能力や成果を重視する考え方だよ
(・∀・)<だったら、コネや遺産のあるお金持ちの子が有利になっちゃわない?
(・A・)<大丈夫。一般的に、実力主義は本人の実力を重視する考え方だからね
(・∀・)<じゃあ、米国の実力主義もそうなの?
(・A・)<もちろん。そうでないと、努力が報われないからね
(・∀・)<そっか。米国の国民は、努力が報われてうらやましいなあ
(・A・)<ところが、実際には米国は実力主義とは言えないんだよ
(・∀・)<どうして?
(・A・)<思い出して。差別が横行する国で、実力主義は成り立たないでしょ?
(・∀・)<そういえばそうだね。人種差別も激しいって聞くし
(・A・)<米国は、先進国の中でもっとも〝生まれ〟が意味を持つといわれるよ
(・∀・)<なのに、どうして〝実力主義〟ってコトになってるの?
(・A・)<ズルして儲けても、「実力の差だ」って言えば開き直れるからかな?
(・∀・)<ズルも実力のうちってコト?

(´・ω・`)<実力主義ってなに?

実際の能力や成果を重視する考え方だよ。

(´・ω・`)<じゃあ、お金持ちの子が有利なんだね

どうして?

(´・ω・`)<だって英才教育が受けられるもん

たしかに、裕福な家庭に生まれる有利な点が多いね。
■裕福な家庭に生まれると有利な点
<お金がある>
 よい教育医療などを受けられる可能性が高い

<人脈がある>
 親族や両親の知人に有力者がいて、助けになってくれる可能性が高い

<権威がある>
 「○○さんの子ども」というだけで、親切にしてもらえる可能性が高い

(´・ω・`)<でもこれって、〝本人の〟実力じゃないよね

本人の実力でなくても、実力と呼べるのか?
そこで、実力主義を本来の実力主義実際の実力主義とに分けてみよう。
本来の実力主義本人の実力のみを見る考え方、
実際の実力主義本人の実力以外も見る考え方だよ。

(´・ω・`)<本来の実力主義の方が、平等だね

そうなんだ。
だから米国などの実力主義を自称する国は、本来の実力主義を重視するよ。

(´・ω・`)<米国は本当に(本来の)実力主義なの?

本来の実力主義は、本人の実力のみを見る考え方だったよね。
本人の実力のみを見るには、まず各自の競争条件平等じゃないといけない。
そこを踏まえ、米国は本当に本来の実力主義なのかを見てみよう。
■米国ってホントに実力主義?
所得格差も実力主義?(金持ちはより金持ちに)
出身格差も実力主義?(〝生まれ〟で決まる)
生死の境も実力主義?(医療格差)
差別しても実力主義?(差別主義)
保護しても実力主義?(保護主義)
押し売りも実力主義?(日米貿易摩擦)
盗み聞きも実力主義?(産業スパイ)

所得格差も実力主義?(金持ちはより金持ちに)


実力主義なら、お金持ち貧乏人競争条件は同じはず。
けど米国では、お金持ち貧乏人所得(収入)の格差が広がっているんだ。

所得のある人とない人とで、手取り(税金を払ったあとの収入)を比較すると、
所得の高い人(上位1%)の所得は過去30年間で275%も伸びた一方、
所得の低い人(下位20%)の所得は過去30年間で18%の伸びにとどまった。
全米平均でも62%の伸びに過ぎず、上位1%だけ飛びぬけているんだ。
(しんぶん赤旗 2011年10月27日)

さらに上位1%は、国の富の40%を所有しているとも言われているよ。
(〝巨大企業が民主主義を滅ぼす〟、p.60より)

(´・ω・`)<どうしてお金持ちが儲かったの?

米議会予算局によると、格差が拡大した原因証券の投機なんだ。
つまり値上がりする株などを安く買い高く売って、差額で儲けたお金ってコト。
この方法で儲けることができるのは、大量に株を売り買いできるお金持ちだけ。
(しんぶん赤旗 2011年10月27日)

つまり、お金持ちはさらにお金持ちなりやすいんだね。

(´・ω・`)<でもお金持ちは、そのぶん税金をたくさん払ってるんでしょ?

ところが、米国の億万長者ウォーレン・バフェット氏によると、
彼の会社の従業員は、多くが収入の30%以上の税金を納めているのに対し、
彼自身は、億万長者なのに収入の17%ほどしか税金を納めていないそうだよ。
そこでバフェットさんは、「もっとお金持ちから税をとれ」と言っているんだ。
(しんぶん赤旗 2011年10月14日)

(´・ω・`)<でも貧しい人も、まじめに働けばお金持ちになれるんでしょ?

ところが株主になったお金持ちは、社員のクビを切るよう社長に命じるんだ。
社長は「1ドル余計に稼ぐよりもコストを1ドル削るほうが歓迎される」そうだよ。
(〝巨大企業が民主主義を滅ぼす〟、p.64より)

(´・ω・`)<どうして株主は社員のクビを切るの?

よりたくさんの配当をもらうためだよ。
利益が1ドル上がっても、社員の賃金が上がるだけ。
賃金を1ドル下げた方が、株主の配当が上がる可能性が高い。
だから社員を賃金の安い移民に置き換えて、株主の取り分をふやすんだね。

(´・ω・`)<でもクビを切られた社員には、失業時の手当てがあるんでしょ?

それが、受けられる条件は厳しくなっているんだ。
失業者のうち、実際に手当てを受けられる人の割合は、
1986年には70%だったのが、最近では39%止まりなんだよ。
(〝巨大企業が民主主義を滅ぼす〟、p.60より)

(´・ω・`)<なんだかお金持ちが有利すぎだね

お金持ちだからお金持ちになれる――それじゃ、実力主義とは呼べないよ。

出身格差も実力主義?(〝生まれ〟で決まる)


実力主義なら、裕福な家の子貧乏な家の子同じなはず。
ところが米国は、先進国でもっとも〝生まれ〟が意味を持つ国と言われるよ。

(´・ω・`)<貧乏な家の子は、成功しにくいってコト?

そう。
2008年にノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授によれば、
裕福な家庭子どもを優秀で資金の豊かな学校へ通わせる一方で、
恵まれない子ども劣悪な教育を受けるしかないそうなんだ。

実際、大学に入れる可能性や大学を終える可能性は、家柄によって違うよ。

例えば最高クラスの大学への入学状況を見ると、、
社会経済的地位の上位25%に入る家庭出身の学生が74%を占め、
社会経済的地位の下位25%に入る家庭出身の学生が3%だそうだよ。

また大学の卒業状況でも、米教育相の長期的な調査の結果によれば、
高所得の両親を持ち、テストの点が低い学生より、
低所得の両親を持ち、テストの点が高い学生は大学を終える可能性が低い。
(朝日新聞朝刊 2012年1月12日 原典はニューヨーク・タイムズに掲載)

お金持ちの子は、大学を卒業しやすいんだね。

(´・ω・`)<お金持ちは優秀だから、子どもも生まれつき優秀なんじゃない?

もしも〝持って生まれたもの〟で決まるなら、努力を競う競争にならないよね。
だからこそ、不利な子への手厚い支援競争を成り立たせる必要がある。
でないと有利な子はライバルに恵まれず競争原理が十分働かないからね。

競争する前に〝生まれ〟で決まるなら、実力主義とは呼べないよ。

生死の境も実力主義?(医療格差)


実力主義なら、持病のある人ない人同じなはず。
ところが米国では、持病のある人は医療を受けられない可能性があるんだ。
というのも、持病のある人医療にお金がかかるからね。

(´・ω・`)<でも、医療保険があるでしょ?

あるよ。
でも、国民皆保険(すべての国民が公的な医療保険に加入)ではない。
そうなると、国民は民間の保険に入る必要がある。
でも民間保険だと、持病などで医療費のかかりやすい人は赤字になりやすい。
だから持病のある人民間の医療保険に入りたくても断られることがあるんだ。

(´・ω・`)<実際、どのぐらいの人が保険に入れないの?

では、2006年の状況を見てみよう。
■米国の民間・公的医療保険への加入者の割合(2006年)
①医療保険に未加入15.8%
②医療保険に加入84.2%
 ③民間保険のみに加入:57.2%
 ④公的保険のみに加入:16.3%
  ⑤の両方に加入:10.7%
                      (朝日新聞朝刊 2008年7月26日)

(´・ω・`)<なぁんだ。米国にもちゃんと公的保険があるじゃない

たしかにあるんだよ。
貧困層向けにはメディケイド
高齢者向けにはメディケアなどだね。
ただし対象は限られていて、中間層の現役世代は民間保険に頼るしかないよ。

(´・ω・`)<保険に入っていないと、困るの?

困るんだ。

まず、必要な治療を受けられない可能性がある。
たとえ救急でも、治療前に必ず「保険に入ってる?」確認されるんだ。
病院にすれば、無保険の人治療費を払えない可能性があるからね。

それに、無保険だと法外な治療費をとられる。
というのも請求額病院の言い値保険会社が値引き交渉をして決まるから。
保険がないと、ER(救急救命室)に一泊して約1万ドルになることも。
(朝日新聞朝刊 2011年12月30日)

(´・ω・`)<なら、なんとかしないと

そこでオバマ政権は、2010年に医療保険制度を改革する法案を成立させた。
持病がある人民間保険に入れるようにしたり、
低所得者には医療保険の費用を補助するようにしたんだ。

(´・ω・`)<それで解決できるの?

試算では、保険に入れない人は5%程度にまで減ると見られているよ。
その中には国民ではない不法移民が含まれるため、オバマ政権側は
「事実上の国民皆保険を実現したことになる」としているんだ。
(朝日新聞朝刊 2010年3月23日)

(´・ω・`)<なら、もう安心だね

ところが2012年の大統領選を前に、この法律が攻撃されているんだ。
不景気だから、低所得者への補助を減らしたり、
保険会社が持病のある人断れるようにしたりするべきだというんだね。
オバマ大統領に反対する共和党は、「保険は民間にまかせろ」としているよ。

(´・ω・`)<生まれつき持病のある人は、肩身が狭くなっちゃうね

持病がある人は排除されるなら、それは実力主義とは呼べないよ。

差別しても実力主義?(差別主義)


実力主義なら、白人黒人同じはず。
ところが米国では、人種差別が過激化してきているんだ。

(´・ω・`)<せっかく初の黒人大統領が誕生したのにね

むしろオバマ大統領が誕生したことで差別が激しくなったとも言われるんだ。
人種や移民に対する差別的な活動をする団体のおよその数は、
2000年に600、08年に900、10年に1000団体にまで増えているよ。
(朝日新聞朝刊 2011年12月18日)

(´・ω・`)<どうしてこうなったの?

理由のひとつと見られるのが、オバマ大統領の寛容な人種政策
米国へと不法に入国した不法移民に対して、市民権を取得する道を開いたり、
犯罪捜査において人種で差をつけることを禁止しようとしたりしたんだ。

その反動黒人への差別が激しくなり、米国で少数派が置かれた状況
「オバマ政権になって5歩くらい後退した」とも言われるよ。
(朝日新聞朝刊 2010年9月10日)

差別があるなら、実力主義とは呼べないよ。

保護しても実力主義?(保護主義)


実力主義なら、国産品輸入品同じはず。
けど米国は、バイ・アメリカン法で国産品を特別扱いしようとしたんだ。

(´・ω・`)<〝特別扱い〟って?

政府の事業(橋を作るなどの仕事)では、国産品を使いましょうってコト。
不景気を解消するため、地元の商品を保護したかったんだね。
最終的には、米国と仲良しの関係国も優遇してもらえることになったよ

(´・ω・`)<でもそれじゃ、競争にならないね。

身内をひいきするなら、実力主義とは呼べないよ。

押し売りも実力主義?(日米貿易摩擦)


実力主義なら、ある商品を買う買わぬ買い手次第のはず。
ところが米国は、米国製品を日本に押し売りしようと迫ってきたんだ。

(´・ω・`)<押し売りって?

1993年ごろのこと。
米国は日本に対し、「米国の車を50万台買うと約束しろ」迫ったんだよ。

(´・ω・`)<そんなの、競争とは言えないよ

だから日本断ったんだ。
すると米国脅すんだ。
「米国は日本製品を買っているのに、日本が米国製品を買わないのは不公平
米国製品を買わないなら、日本製品に高い関税をかけて懲らしめる」ってね。

(´・ω・`)<そんなのアリなの!?

アリにするため、米国はスーパー301条という法律を作ったんだよ。
この法律によれば、「日本はずるい国」米国が勝手に認定し、
3年以内に改善が見られない場合は、日本製品に高い関税をかけられるんだ。

(´・ω・`)<それこそ〝不公平〟だね

そこで、日本WTO(世界貿易機関)に訴えるんだ。
するとWTOは、「米国のやり方は不公平」と指摘してくれる。
すると米国は「じゃあ日本と話し合って決める」と妥協する。
すると日本は「ならWTOへの訴えを取り下げる」となるんだ。

(´・ω・`)<めでたしめでたし、だね

ところが、それでも日本は米国に譲歩するんだ。
たとえば、日本は政府が一定量を購入する政府調達を受け入れたり、
民間企業の自主購入計画を提示したりしたんだよ。
(清水の新経済攻略 より)

そのせいもあって、米国製の飛行機をたくさん買わされた日本航空は、
維持費にお金がかかりすぎて破綻してしまったんだよ

暴力まがいの押し売り競争なら、実力主義とは呼べないよ。

盗み聞きも実力主義?(産業スパイ)


実力主義なら、競争相手に勝つ負ける実力次第のはず。
けど米国は、通信傍受(通信の盗み聞き盗み見)で相手を出し抜くんだ。

(´・ω・`)<どういうこと?

発端は1947年
ソ連核開発に力を入れると、米国英国が手を組んで対抗した。
暗号化された通信を盗み聞こうと、
共同監視システム「エシュロン」を組織したんだよ。

(´・ω・`)<ソ連だなんて、昔の話だね

そう。1991年ソ連が崩壊すると、エシュロンは役割を変えたんだ。
監視の対象が、ソ連ではなく外国の企業になったんだよ。
つまり、産業スパイ(儲けに関わる情報を盗むこと)だね。

(´・ω・`)<それなんて映画?

ところが、現実の話なんだ。
2000年に米国の機密文書が公開され、実態が明らかになったんだよ。

欧州議会の報告によると、エシュロンからの情報を利用した米国企業は、
フランスのエアバス・コンソーシアムからは50億ドル超の契約を奪い、
フランスのトムソンCSFからは衛星監視システムを設立する仕事を奪い、
ドイツの風力発電エネルコンからは技術を奪って特許化し、
日本のNRCからもインドネシアのAT&Tとの契約を奪ったと見られるよ。

専門家によると、2000年までにドイツ企業が受けた被害だけで、
年間100億ドルにものぼると見られるんだ。

(´・ω・`)<企業にプライバシーはないんだね

企業だけじゃないよ。
エシュロンは「電話FAXeメールの情報を……一字一句傍受できる」からね。
(〝巨大企業が民主主義を滅ぼす〟、pp.80-84)

盗み聞き盗み見で出し抜くなら、実力主義とは呼べないよ。

(´・ω・`)<結局、実力主義ってイイコトなの?

実際の実力主義にしても、本来の実力主義にしても、良し悪しがあるよ。

まず実際の実力主義(本人以外の力も含む)の場合、
運に左右されるカジノ資本主義の要素が大きくなるから問題がある。
〝生まれ〟差別などで勝つのが、このケースだね。

また本来の実力主義(本人のみの実力)の場合でも、
努力で勝敗が決まる実力主義なら良い面もあるだろうし、
ズルで勝敗が決まる実力主義なら問題があるんじゃないかな。
押し売りを迫るだけなら、暴力と変わらないからね。

(´・ω・`)<じゃあ、努力ズルの境界は?

市場の矛盾でもあったように、カンペキな区別は難しいよ。
実力主義をめざす以上、真の実力を見極める実力が問われるんだね。



【参考】


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/160-6a01d51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。