Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C54]

す、すごい…
頑張って覚えます!
お疲れさまでした!
  • 2012-05-03 13:55
  • ゆきち
  • URL
  • 編集

[C55] ゆきちさんへ

必ずしもぜんぶを覚えなくてもいいと思いますよ。
必要な条文に絞ったり、ゴロ合わせの最初の一節だけを覚えるのも有効だと思います。
やりやすい方法から始めてみてくださいね。応援しています。
  • 2012-05-03 14:39
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C58] 本のお届け先。

newskids様
サイトの文章使用のご許可をいただきました、
スリーエーネットワークの服部と申します。
本が出来上がりましたので、1冊お贈りしたく存じます。
よろしければ、お届け先のご住所とお名前を
お知らせいただけませんでしょうか。
c-hattori@3anet.co.jp
までメールをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

[C59]

お疲れ様でした…つまみ食いして覚えてこうと思います。

あの、私は今政経を勉強してるんですが、世界恐慌のところがよく分かりません。原因とか仕組みとか…
いつか、もし時間があったときに記事を書いてくれると嬉しいです!
  • 2012-06-02 23:32
  • 名無し
  • URL
  • 編集

[C60] Re: タイトルなし

> あの、私は今政経を勉強してるんですが、世界恐慌のところがよく分かりません。原因とか仕組みとか…
> いつか、もし時間があったときに記事を書いてくれると嬉しいです!

応援ありがとうございます!
手が空いたときに書くネタのリストに加えさせていただきますね。

ちょっと今は手が空かないのですが、
「やる夫で学ぶ世界恐慌・1929」などで検索してみると
面白いページが見つかるかもしれません。

参考になりましたら幸いです。
  • 2012-06-03 22:30
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C91] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C128] ぜひ参考にさせてください

憲法を覚えようとしている、法学部の者です。素晴らしい語呂を利用させていただきます。

私のブログやラジオで紹介させていただいてもよろしいでしょうか。
  • 2013-03-30 14:28
  • ローマン
  • URL
  • 編集

[C129] ローマンさんへ

コメントありがとうございます!

多くの人に憲法と仲良くなってもらうために作ったゴロ合わせですので、どうぞご利用ください。

ついでにこのページのことも紹介していただければ嬉しいです。
  • 2013-04-01 05:44
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C130] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C174] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C188] スゴすぎ!

凄いですね♪とてもいいと思いました。これからも頑張って下さい(#^_^#)♪
  • 2014-09-18 01:00
  • ユキ
  • URL
  • 編集

[C190] ユキさんへ

応援ありがとうございます!
また時間ができたら更新しようと思っています。
憲法だけでなく、民法の重要条文ゴロ合わせなどを載せても面白いかも、などと考えています。
  • 2014-09-23 16:38
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/172-2a4ba6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【語呂合わせ】憲法は ラクラク楽しく 丸暗記

(・∀・)<5月3日は憲法記念日だね。ところで、憲法ってなに?
(・A・)<国民から国家への命令だよ。国家の運営ルールを定めているんだ
(・∀・)<憲法を覚える必要があるの?
(・A・)<憲法は国家に人権を守らせるための道具だから、まず知らないとね
(・∀・)<でもぜんぶを覚えるなんて、ボクにはムリだよ
(・A・)<そういう人のために、要点をまとめたゴロ合わせを用意したよ
(・∀・)<そりゃいいね! さっそく教えてよ


(´・ω・`)<憲法ってなに?

憲法は、国民から国家の運営者(公務員など)への命令だよ。
国家の運営ルールを定めているんだ。

  【関連記事】憲法ってなに?法律とはどう違うの?

(´・ω・`)<どうして憲法を覚えるの?

なぜなら憲法人権を守る道具だからだよ。
つまり、「憲法が勝手に国民人権を守ってくれる」のではなく、
国民憲法を使って国家人権を守らせる」ことができるものなんだ。
せっかくの道具も、知らないまま使わないんじゃ宝の持ち腐れだからね。

(´・ω・`)<どういうこと?

一つずつ説明するね。

まず憲法99条を見てみよう。
公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

つまり憲法を守るべきなのは、国民でなく国家(公務員など)なんだね。

(´・ω・`)<もし公務員が憲法を破ったら?

裁判所で「違憲」と判断されれば憲法に反する行為そのもの無効になる。
けど、憲法を破った公務員罰則はないんだ。

(´・ω・`)<それじゃやったモン勝ちだね

そこで憲法12条を見てみよう。
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民不断の努力によつて、これを保持しなければならない

つまり公務員憲法違反をしそうな場合、国民批判をしたり、選挙で投票したりして正していく必要があるんだよ。

そうすることで、「国民憲法を使って国家人権を守らせる」んだね。

(´・ω・`)<でも、ぜんぶを覚えるなんてムリだよ

そんな人のために、全条文の要点をまとめたゴロ合わせを用意したよ。
ゴロ合わせはリズムを大事にしているから、
第1条から第103条まで一気に発音してみた方が覚えやすいと思うよ。

ここから取捨選択するなどして、自分なりの方法で憲法に親しんでほしいな。

(´・ω・`)<じゃあ、さっそくゴロ合わせを教えてよ

それでは、第一章からはじめよう。

(´・ω・`)<第一章 天皇

第一条:天皇


天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
主権者は天皇ではない(国民である)ということです。

第二条:世襲


皇位は、世襲のものであつて、
国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
天皇には職業選択の自由がありません。かわいそうですね。

第三条:


天皇の国事に関するすべての行為には、
閣の助言と承認を必要とし、
閣が、その責任を負ふ。
参内:宮中(天皇の居所)に参上すること。

第四条:ない国政 する国事


天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、
国政に関する権能を有しない。

天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
天皇が国家を支配してはいけません。

第五条:


皇室典範の定めるところにより政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。
五節句:年間の5つの節句。桃の節句(3月3日)や笹の節句(7月7日)が有名。

第六条:法 立法 行政 司法


天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
六法:憲法 刑法 民法 商法 刑事訴訟法 民事訴訟法。

第七条:面倒な国事行為   接受儀式


天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を布すること。
二 国会を集すること。
三 衆議院を散すること。
四 国会議員の総選挙の施行を公すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状
   及び大使及び公使の信任状を証すること。
六 大、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行ふこと。
忍者映画:最近見ないですね

第八条:材(ざい)受けしよ


皇室に財産を譲りし、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。
端材:材料の切れ端

(´・ω・`)<第二章 戦争の放棄

第九条:くノ一(九条一項)蜂起(九条二項)もたず


日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない
国の交戦権は、これを認めない。
くノ一:女忍者。〝女〟の字を分解すると〝くノ一〟になる。

(´・ω・`)<第三章 国民の権利及び義務

第十条:要件


日本国民たる要件は、法律でこれを定める。
住民:外国人を含むかどうかには議論があります。

第十一条:イチイチ基本的人権


国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
ここから基本的人権のオンパレードです。

第十二条:努力 利用


この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
努力あればこそ、利用できるのです。

第十三条:悲惨より幸福


すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
幸福追求権は、新たな人権を生み出す魔法の権利です。

第十四条:等し平等


すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。
華族:貴族のうち、爵位(公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵)を持つ人。

第十五条:15になったら公務員


公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
中卒でも公務員なら安泰?

第十六条:登録請願


何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
実際の請願には議員の紹介が必要です。不思議ですね?

第十七条:いいな! 国賠


何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、又は公共団体に、その償を求めることができる。
国賠:国家賠償の略。お金がもらえてうらやましい?

第十八条:イヤ! 苦役


何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
苦役:イヤですね。

第十九条:遠く両親


思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
〝ふるさとは遠きにありて思ふもの(室生犀星)〟

第二十条:死後(4×5=20)を信じる


信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
このゴロ合わせはちょっと苦しい?

第二十一条:見な(3×7=21)! この表現


集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
やっぱり苦しい?

第二十二条:22就職


何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。
22歳で就職できたらいいですね。

第二十三条:文(フミ)読む学問


学問の自由は、これを保障する。
学問の自由には、研究・発表・教授の自由が含まれます。

第二十四条:婦士平等


婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。
〝士〟には男性という意味もあります。

第二十五条:ニコニコ生存権


すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
ニコニコ笑って生きたいですね。

第二十六条:フムフム教育


すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。
「フムフム」と納得するのが教育?

第二十七条:担(ニナ)勤労


すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

児童は、これを酷使してはならない。
勤労は義務であり、権利でもあります。国は国民の雇用に責任を持ちます。

第二十八条:ニッパー片手にストライキ


勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。
ニッパー:針金を切る工具。

第二十九条:財産


財産権は、これを侵してはならない。

財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。

私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。
ぜい肉だって、財産です。

第三十条:自立の一歩は納税から


国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。
而立(ジリツ):30歳のこと。論語より。

第三十一条:罪(ザイ)刑法定主義


何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
罪刑法定主義:「犯罰は律でめるべき」という考え方。

第三十二条:身に覚えなき裁判


何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。
身に覚えがないからこそ、裁判でハッキリさせましょう。

第三十三条:水戸光圀(ミトミつくに)令状出す


何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。
印籠がわりに令状を出す黄門様はいやですね。

第三十四条:水戸市拘禁


何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。
朝食は納豆です。

第三十五条:御所(ミトコろ)不可侵


何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。

捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。
御所(おところ):住居

第三十六条:認め(ミトム)るな! 拷問


公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
死刑が合憲かどうかには、議論があります。

第三十七条:人類ミナ被告 公平 公開 公費 国選


すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。

刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。

刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。
国選:国選弁護人(国が選んだ弁護士)のこと。

第三十八条:散髪(サンパチ)中は黙秘


何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。
散髪中、みなさんはおしゃべりしますか?

第三十九条:サンキュー不遡及


何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。
不遡及:新しい法律ができても、過去の問題には適用しないこと。嬉しいですね。

第四十条:不惑(フワク)なら刑事補償


何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。
不惑:40歳のこと。論語より。ここでは「疑惑が晴れる」の意味(のつもり)。

(´・ω・`)<第四章 国会

第四十一条:唯一の立法機関


国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。
〝最高機関〟と言いますが、行政や司法より優先するわけではありません。

第四十二条:院制


国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。
短くて覚えやすいですね。良かったですね。

第四十三条:政権


両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。

両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。
参政権=選挙権(投票する権利)+被選挙権(立候補する権利)

第四十四条:無差別


両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。
実際には、差別と区別の違いが問題になります。

第四十五条:仕事解散 衆議院


衆議院議員の任期は、四年とする。但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。
解散が仕事ではありません。

第四十六条:四六時中の参議院


参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。
四六時中:参議院には解散がありません。

第四十七条:47都道府県に選挙区あり


選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。
国会議員の選挙のルールを、国会議員自身が決めていいのでしょうか?

第四十八条:死は兼職


何人も、同時に両議院の議員たることはできない。
兼職:そもそも公務員は兼職禁止です(非常勤なら例外あり)。

第四十九条:支給する歳費


両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。
歳費:費用のフリした報酬(年俸)です。

第五十条:異例不逮捕特権


両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。
うらやましいですね。

第五十一条:スゴい! 免責特権


両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。
うらやましいですね。

第五十二条:五時から常会 年一回


国会の常会は、毎年一回これを召集する。
1月に開くのが常会、秋に開くのが臨時会です。

第五十三条:誤算があれば臨時会


内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。
臨時どころか、毎年召集しています。誤算も恒例?

第五十四条: 解散 きんとうさん


衆議院が解散されたときは、解散の日から十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から十日以内に、国会を召集しなければならない。

衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の急集会を求めることができる。

前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。
ゴロ合わせは勢いだと思います。意味なんておまけです。

第五十五条:急ご罷免 出席


両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の分の以上の多数による議決を必要とする。
現実の議員は「議員の進退は本人が決めるべき」として、罷免を口にしません。
議員を辞めさせる話を議員まかせにするのには、ムリがあるかもしれません。

第五十六条:ご無理な催() 定足未満


両議院は、各々その総議員の分の以上の出席がなければ、議事をき議決することができない。
両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
定足:会議の開催に必要な人数。

第五十七条:ご内) 記録 汽車(デゴイチ)


両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の分の以上の多数で議決したときは、秘会を開くことができる。

両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるもの以外は、これを表し、且つ一般に布しなければならない。

出席議員の分の以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。
D51(デゴイチ):蒸気機関車の種類のひとつ。大人気。

第五十八条:木っ端役員 いは除名


両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。

両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。
木っ端:とるに足りないもの(例:木っ端役人)。

第五十九条:楽の愉悦(優越)


法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。

参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。
衆議院は参議院より優越します。

第六十条:群れ予算


予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。

予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。
人間だって、群れですよね?

第六十一条:無為にして化さず 条約頼み


条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。
無為にして化す:特別なことはしなくても、天下はうまく治まる。

第六十二条:無二国政調査権


両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。
国政調査の活用には、議員の意志と能力が問われます。

第六十三条:無残にも 大臣出席 答弁に散る


内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。
無残な答弁では困ってしまいます。

第六十四条:無視できぬ弾劾


国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。

弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。
無視はいけません。

(´・ω・`)<第五章 内閣

第六十五条:むご


政権は、内に属する。
事業仕分けとは、なんだったのか。

第六十六条:ロクロク動かぬ大臣内閣


内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。

内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。

内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。
かといって、あらぬ方向に動くのも困りもの?

第六十七条:ロクな総理指名せず


内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。
総理を指名するのは、国民ではなく国会議員です。

第六十八条:禄食む(ロクハむ)大臣 する


内閣総理大臣は、国務大臣命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。

内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷することができる。
禄を食む:公に仕える者が給料をもらうこと。

第六十九条:ロクでもないので不信任 総辞職


内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、日以内に衆議院が散されない限り、総辞職をしなければならない。
不信任になった場合、総辞職より衆議院の解散を選ぶ総理が多いです。

第七十条:ナゼ総辞職? 総選挙


内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。
最近では、小渕総理が倒れたときに総理が欠けました。

第七十一条:は 職務続行 新総理


前二条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。
総辞職のあとには、まだロスタイムがあるんですね。

第七十二条:なにする総理? 


内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に出し、一般国務及び外交関係について国会に告し、並びに行政各部を指揮監督する。
憲法には国民(≠国会)への説明責任が明記されていません。困りました。

第七十三条:事務 が異 管理予算する


内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。
一 律を誠実に執行し、務を総理すること。
二 交関係を処理すること。
三 約を締結すること。
   但し、事前に、時宜によつては事後に、
   国会の承認を経ることを必要とする。
四 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。
五 予算を作成して国会に提出すること。
六 この憲法及び法律の規定を実施するために、令を制定すること。
   但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、
   罰則を設けることができない。
七 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決すること。
異常:正常でない。異状:異常な状態。

第七十四条:名無しはダメ! 法令には署名


律及び政には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。
みなさんは持ち物に名前、ちゃんと書いてますか?

第七十五条:なごめば訴追 同意する


国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。
いくら和んでも、同意は慎重に。

(´・ω・`)<第六章 司法

第七十六条:なじろ司法! Yes!最高! No!苦行


すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

別裁判所は、これを設置することができない。政機関は、終審として裁判を行ふことができない。

すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。
実際になじるのは控えましょう。

第七十七条:セリナズナ 訴訟手続内規事務 検察従順 下級に委任


最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。

最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。
セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ 春の七草
(ハギススキ クズオミナエシ フジバカマ ナデシコキキョウ 秋の七草)

第七十八条:お裁判官 


裁判官は、裁判により、身の故障のために職務を執ることができないと決定された場合を除いては、公の弾によらなければ罷免されない。裁判官の戒処分は、政機関がこれを行ふことはできない。
Noできない」と考えてください。

第七十九条:なくそう冤罪 国民審査 後任 大鑑砲主


最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、内閣でこれを任命する。

最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後十年を経過した後初めて行はれる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。

前項の場合において、投票者の多数が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免される。

審査に関する項は、法律でこれを定める。

最高裁判所の裁判官は、法律の定める年齢に達した時に退官する。

最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。
大鑑巨砲主義:戦艦とその大砲が大きいことが一番大事だとする考え方。

第八十条:やれ下級 って 人気十分


下級裁判所の裁判官は、高裁判所の名した者の名簿によつて、閣でこれを命する。その裁判官は、任期十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。

下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。
下級裁判所も司祭(聖職者)も、説教がお仕事です。

第八十一条:やい違憲


最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。
最高裁判所は違憲立法審査権を持つ終審(最終判断をする)裁判所です。

第八十二条:ヤニ吸い後悔


裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ

裁判所が、裁判官の全員一致で、公の秩序又は善良の風俗を害する虞があると決した場合には、対審は、公開しないでこれを行ふことができる。但し、政治犯罪、出版に関する犯罪又はこの憲法第三章で保障する国民の権利が問題となつてゐる事件の対審は、常にこれを公開しなければならない。
ヤニ:俗にタバコのこと。後悔したくないですね。

(´・ω・`)<第七章 財政

第八十三条:破産の前に 財政処理


国の財政処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。
破産:怖いですね。

第八十四条:はじめに法律 租税法律主義


あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。
法律を作らず、勝手に税金を課してはいけません。

第八十五条:入りの 税金支出 国会


国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。
箱入り:大切にしてあるもの。

第八十六条:野郎! よさないか


内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。
このゴロ合わせ、人前で言うのはやめましょう。

第八十七条:やな予感 予備費ない


予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、閣の責任でこれを支出することができる。

すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない。
やな予感がしたときは、たいてい手遅れです。

第八十八条:なるが 皇財管理


すべて皇室財産は、に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。
お父さんは影が薄いですね。

第八十九条:状しろ! 便 


金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用便益若しくは持のため、又は公の配に属しない善、育若しくは愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
いくら交渉に便利でも、脅迫してはいけません。

第九十条:暮れ会計検査院


国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

会計検査院の組織及び権限は、法律でこれを定める。
毎年、暮れごろ(11月)に会計検査院が検査結果を内閣に渡します。

第九十一条:給費報告 年一回


内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。
給費:国などが支給する費用(とくに学費)。

(´・ω・`)<第八章 地方自治

第九十二条:づくりは地方から


地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。
近ごろ話題の地域主権にもつながりますね。

第九十三条:の根 住民選挙


地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。

地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。
草の根:大衆に根ざす。

第九十四条:除霊


地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。
除霊に使う串といえば、祓串(はらえぐし)でしょうか?

第九十五条:救護(95)苦労(96)なく(79)住民の手で


一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。
直接民主制3兄弟:95条(住民投票)、96条(国民投票)79条(国民審査)

(´・ω・`)<第九章 改正

第九十六条:急務改憲 さん聞く


この憲法の改正は、各議院の総議員分の以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。
衆参両議院において、総議員の3分の2の賛成が必要です。大変ですね。

(´・ω・`)<第十章 最高法規

第九十七条:久な権利


この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
11条に続き、基本的人権です。大事なことなので2回言いました。

第九十八条:キューバ条約 遵守する


この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
条約を遵守するといっても、あくまで憲法が優先です。

第九十九条:救急擁護


天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
公務員には憲法尊重擁護義務があります(一般の国民にはない)。

(´・ω・`)<第十一章 補則

第百条:姓も 判(半年)手続き 施行する


この憲法は、布の日から起算して六箇月を経過した日から、これを施行する。

この憲法を施行するために必要な法律の制定、参議院議員の選挙及び国会召集の手続並びにこの憲法を施行するために必要な準備手続は、前項の期日よりも前に、これを行ふことができる。
お百姓さん、すごいですね。

第百一条:一院制


この憲法施行の際、参議院がまだ成立してゐないときは、その成立するまでの間、衆議院は、国会としての権限を行ふ。
いま話題の参院廃止論を先取り?

第百二条:個ある規管さん


この憲法による第一期の議院議員のうち、その数の者の任は、これを年とする。その議員は、法律の定めるところにより、これを定める。
○:三半規管 ×:三半器官

第百三条:原色


この憲法施行の際現に在職する国務大臣、衆議院議員及び裁判官並びにその他の公務員で、その地位に相応する地位がこの憲法で認められてゐる者は、法律で特別の定をした場合を除いては、この憲法施行のため、当然にはその地位を失ふことはない。但し、この憲法によつて、後任者が選挙又は任命されたときは、当然その地位を失ふ。
おつかれさまでした。



【参考】
憲法条文笑いゴロ
日本国憲法語呂合わせ
日本国憲法 | 絶対合格!司法書士(伊藤塾編)

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C54]

す、すごい…
頑張って覚えます!
お疲れさまでした!
  • 2012-05-03 13:55
  • ゆきち
  • URL
  • 編集

[C55] ゆきちさんへ

必ずしもぜんぶを覚えなくてもいいと思いますよ。
必要な条文に絞ったり、ゴロ合わせの最初の一節だけを覚えるのも有効だと思います。
やりやすい方法から始めてみてくださいね。応援しています。
  • 2012-05-03 14:39
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C58] 本のお届け先。

newskids様
サイトの文章使用のご許可をいただきました、
スリーエーネットワークの服部と申します。
本が出来上がりましたので、1冊お贈りしたく存じます。
よろしければ、お届け先のご住所とお名前を
お知らせいただけませんでしょうか。
c-hattori@3anet.co.jp
までメールをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

[C59]

お疲れ様でした…つまみ食いして覚えてこうと思います。

あの、私は今政経を勉強してるんですが、世界恐慌のところがよく分かりません。原因とか仕組みとか…
いつか、もし時間があったときに記事を書いてくれると嬉しいです!
  • 2012-06-02 23:32
  • 名無し
  • URL
  • 編集

[C60] Re: タイトルなし

> あの、私は今政経を勉強してるんですが、世界恐慌のところがよく分かりません。原因とか仕組みとか…
> いつか、もし時間があったときに記事を書いてくれると嬉しいです!

応援ありがとうございます!
手が空いたときに書くネタのリストに加えさせていただきますね。

ちょっと今は手が空かないのですが、
「やる夫で学ぶ世界恐慌・1929」などで検索してみると
面白いページが見つかるかもしれません。

参考になりましたら幸いです。
  • 2012-06-03 22:30
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C91] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C128] ぜひ参考にさせてください

憲法を覚えようとしている、法学部の者です。素晴らしい語呂を利用させていただきます。

私のブログやラジオで紹介させていただいてもよろしいでしょうか。
  • 2013-03-30 14:28
  • ローマン
  • URL
  • 編集

[C129] ローマンさんへ

コメントありがとうございます!

多くの人に憲法と仲良くなってもらうために作ったゴロ合わせですので、どうぞご利用ください。

ついでにこのページのことも紹介していただければ嬉しいです。
  • 2013-04-01 05:44
  • newskids
  • URL
  • 編集

[C130] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C174] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C188] スゴすぎ!

凄いですね♪とてもいいと思いました。これからも頑張って下さい(#^_^#)♪
  • 2014-09-18 01:00
  • ユキ
  • URL
  • 編集

[C190] ユキさんへ

応援ありがとうございます!
また時間ができたら更新しようと思っています。
憲法だけでなく、民法の重要条文ゴロ合わせなどを載せても面白いかも、などと考えています。
  • 2014-09-23 16:38
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/172-2a4ba6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。