Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C118] 俊樹

iPS細胞はあらゆる可能性を秘めた神からの贈り物かも知れませんね。
  • 2012-10-21 16:06
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C119] 俊樹さんへ

> iPS細胞はあらゆる可能性を秘めた神からの贈り物かも知れませんね。

そう言っても過言ではないほどの神秘さと潜在力を感じますね。
今後がさらに楽しみです。
  • 2012-10-22 13:49
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/38-6212927c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

万能細胞、心臓病治療への実用化に向けて協力

2007年、京都大学の研究チームが人間の体のどんな部分にもなることができる「万能細胞」を作ることに成功しました。
しかし万能細胞から筋肉や血液などの希望する細胞を作る方法まだ確立していません。

同じ年、大阪大の研究チーム足の筋肉細胞から作った筋肉シートを心臓に張って心臓の働きを再生させる治療に成功しました。
しかし筋肉シートを作成するには足の筋肉が必要で、シートをたくさん作ることができなかったり患者の負担が大きいという問題があります。

今回、問題を解決するために二つのチームが協力することになりました。
京都大学の研究チーム万能細胞から筋肉シートを作る方法を研究し、大阪大学のチームそのシートが使用できるかどうかを調べます
これによって、万能細胞が実際に役に立つはじめての例になることが期待されています。

(´・ω・`)<万能細胞ってなに?

筋肉や血液など、体のあるゆる部分は「細胞」が集まってできているんだ。
筋肉は筋肉の細胞が、血液は血液の細胞が集まっているんだよ。
人間の体は60兆個もの細胞が集まっているといわれているよ。

でも人間は生まれる前、受精卵というたった1つの細胞だったんだ。
最初に1つだった受精卵はやがて2つに分裂し、次に4つに分裂するというふうに何度も分裂を繰り返し大きくなるんだよ。
そのうち、それぞれの細胞が筋肉の細胞や血液の細胞に変化していくんだね。

ということは、受精卵から心臓などの細胞を自由に作ることができれば心臓病に悩む患者を救うことができるかもしれない。
このようにして、体のどんな部分にもなることができる「万能細胞」の研究が期待されているんだ。

(´・ω・`)<万能細胞にはどんなものがあるの?

万能細胞として最初に有名になったのは人間の受精卵から作る「ES細胞」なんだ。しかしこれには次のような問題があったんだよ。
  • 受精卵は赤ちゃんになる前の細胞であり、ES細胞に変化させれば赤ちゃんの命を奪ってしまう

  • ES細胞は他人の細胞から作ったものなので、使用すると拒絶反応が起きる

  • 受精卵は大量に手に入れることができないため、なかなか研究が進まない


こうした問題を解決する新しい万能細胞として2007年に注目されたのがヒトの皮膚から作る「iPS細胞」なんだよ。これはES細胞と比較して次のような利点があるんだ。
  • 受精卵を使わないので命を奪う心配がない

  • 患者自身の細胞から作ることができるため、拒絶反応が起きない

  • 皮膚の細胞は簡単に手に入れることができるため、研究が早く進む


(´・ω・`)<iPS細胞の問題点はなに?

この研究が発表された当初、iPS細胞はガンを引き起こす可能性があることが心配されていたんだよ。
ところが発表から一週間後、早くもこの問題を改善したという発表があったんだ。
万能細胞の研究がとても速く進んでいることがわかるね。

研究が進歩する一方で、実用化を急いで危険な研究が出てくることにより万能細胞への不安が高まることや、この技術を活用するための法律作りが間に合わないことなどが心配されているよ。

またiPS細胞はどんな細胞にもなることができるんだけど、「この細胞がほしい」と思ったときに希望した細胞に変化させる方法まだ確立していないという課題があるよ。

(´・ω・`)<iPS細胞は今後どうなるの?

万能細胞の研究は、日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどでも盛んに行われているんだ。
日本はアメリカと比べて研究資金が少なかったり研究成果を特許にするまでに時間がかかるという問題が指摘されているんだよ。

日本で新技術の特許を取るのに時間がかかった場合、他の国が先に特許を取ってしまうことも考えられるんだ。すると自分が作った技術を使うのに、外国にお金を支払わなければならなくなることもあるんだよ。

(´・ω・`)<iPS細胞の実用化は?

万能細胞の研究は京都大学で進んでいるんだけど、その近くにある大阪大学では「足の筋肉から作った筋肉の薄い膜を心臓に張って心臓の機能を再生させる」という治療に成功しているんだよ。
だけど筋肉の膜は足の筋肉を元に作るため、たくさん作ることができなかったり筋肉を取り出すのが患者の負担になるという問題があるんだ。

そこで筋肉の膜をたくさん作ることができるように、万能細胞を使うことが注目されているんだよ。
万能細胞の研究にとっても、万能細胞から筋肉を作る方法を確立させて実際の医療に役立てることができるというメリットがあるんだ。

既に筋肉の膜を使用した治療には成功例があることから、iPS細胞を使用して治療に成功することができれば実用化への大きな前進になるね。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C118] 俊樹

iPS細胞はあらゆる可能性を秘めた神からの贈り物かも知れませんね。
  • 2012-10-21 16:06
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

[C119] 俊樹さんへ

> iPS細胞はあらゆる可能性を秘めた神からの贈り物かも知れませんね。

そう言っても過言ではないほどの神秘さと潜在力を感じますね。
今後がさらに楽しみです。
  • 2012-10-22 13:49
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/38-6212927c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。