Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/52-8048581b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

労災ってなに?

(´・ω・`)<労災ってなに?

「イザというとき」に備えて普段からお金を集めておいて、イザ困ったときにはお金がもらえる制度「保険」といったよね。保険のうち、「民間の保険会社以外が運営する保険」「社会保険」だったよね。労災(労災保険)は社会保険のひとつで、「働く人が仕事中にケガや病気になってしまった場合にお金を出しましょう」という制度なんだ。
社会保険の一覧表を確認して、労災保険の位置づけを確認しておこう。
条件 仕事中以外のトラブルに関する保険 仕事中のトラブルに関する保険
病気・ケガ 定年退職 病気・ケガ 失業
通称 医療保険 年金 労災 雇用保険
対象会社員 健康保険 厚生年金保険 労災保険 雇用保険
公務員 共済組合(短期給付) 共済組合(長期給付) 公務員災害補償 退職手当
その他 国民健康保険 国民年金 労災保険 なし

この表の、「労災保険」と「雇用保険」をあわせて「労働保険」とよぶこともあるよ。

(´・ω・`)<労災保険って働く人のための保険なんだね

そう。大事な点として、正社員だけでなくパート・アルバイトも含め会社で働くすべての労働者が保険に加入していることを覚えておこう。

(´・ω・`)<労災保険の保険料は誰が払うの?

労災保険の保険料は全額会社が払うんだよ。働く人は払わなくていいんだ。

(´・ω・`)<でも危険な仕事でもそうでない仕事でも同じだけ保険料が必要なの?

労災保険の保険料は職業や会社によって違うよ。危険性の高い職業や労働災害の多い会社ほど、会社が払う保険料は高く設定されているんだ。そして危険性の少ない職業や労働災害が少ない会社ほど保険料が低くなるから、みんな「安全には気をつけよう」と思うんだね。職業ごとのくわしい保険料率は「労災保険料率表」を見てね。労働災害によって保険料率がどのように変わるかは「労災保険のメリット制について(概要)」が参考になるよ。

だけど労働災害が起きても「保険料が上がるから労働災害とは認めません」という会社もあるんだ。そうなると「労働災害なのに保険がきかない!」と困ってしまう問題が起きているんだよ。

(`・ω・´)<じゃあ労災保険のイミがないじゃない!?

大丈夫。労働災害かどうかを認定するのは、会社じゃなくて労働基準監督署なんだ。つまり会社が勝手に「労災とは認めません」といったとしても、きちんと労働基準監督署に届け出て審査してもらえばいいんだよ。

問題なのは「労働基準監督署に届け出たら、会社内でいじめられるようになった」という人もいることなんだ。保険がおりても、会社に居づらくなったら元も子もないよね。こうした「本当の意味での労働者保護」が課題のひとつなんだよ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/52-8048581b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。