Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/59-e8c08039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民意ってなに?何にどう反映されるの?

ニュースではよく「民意」という言葉が使われます。多くの場合「国民の意思」という意味で使われますが、国民の意思を正確に知りそれを物事の解決策に反映するのはとても難しいことです。

今回は「民意を知るにはどうすればいいか」「民意を物事の解決策に反映するにはどうすればいいか」を紹介し、それぞれの特徴よい点課題について説明します。

(´・ω・`)<民意ってなに?

民意や住といわれ、特に不特定多数の人が関わるものごとに対する当事者の総意を指すことが多いよ。


(´・ω・`)<「総意」ってどうやって調べるの?

多くの人がたくさんの意見を持っているから、民意を知ることはとても難しいよ。ときには「私の意見こそが民意です」と一方的に主張する人がでてきて議論をややこしくさせてしまうこともあるんだ。
そんな民意を知る方法の例を紹介するね。

世論調査


民意を調査するための代表的な方法として、新聞社やテレビ局などが実施する「世論調査」があるよ。電話や面接などで不特定多数の人にアンケートをとって意見を集計するんだ。よい点として、「調査主体が明確なので過去の実績をもとに評価・信頼できる」「調査方法が公開されているので検証可能」といわれているよ。だけど課題として「アンケートの聞き方が公平でない」「アンケートの対象者が偏っている」などのことが指摘されているよ。

ネット世論を調べる


ネットニュースなどについて議論されている掲示板を見たり、ブログやツイッターなどで話題になっていることをチェックしてみるという方法もあるかもね。よい点として「自分も議論に参加できる」「テレビや新聞であまり報道されない情報を知ることができることもある」などが挙げられているよ。だけど課題として「ウソや不正確な情報がまぎれていることもある」「ある意見に賛成する人がたくさんいるように見えても、実際の人数はわからない」などのことが指摘されているよ。

最近ではMAINICHI RTという日刊紙が「新聞社が記事の優先度をつけるのをやめ、ネット上でたくさん読まれた記事を『読者が重要と感じたニュース』として最優先で報じる」らしいよ。「ネット世論をどうとらえるか」はこれから注目されてくるかもね。


(´・ω・`)<民意は社会にどうやって反映されるの?

民意を社会に反映する方法にはいろいろあって、それぞれに特徴よい点課題があるよ。
ここでは「何に対して民意を反映させるか」を基準に、次のように整理してみよう。
  • 立法へ民意を反映させるには

  • 行政へ民意を反映させるには

  • 司法へ民意を反映させるには

  • 企業へ民意を反映させるには

立法へ民意を反映させるには


立法へ民意を反映させるということは、つまり「国会議員や地方議員に対して国民や住民の意思を反映してもらえるようにする」ということだよ。政治家は国民の代表として法律を作るだけでなく、行政や司法に対するチェックもするんだ。だから立法へ民意を反映することはとても重要なんだよ。
立法へ民意を反映させる方法には次のようなものがあるよ。

  • 選挙

  • 個人的な支援を打ち切る

  • 政治団体を作る

  • 請願・陳情

  • 自分が政治家に立候補する


それぞれの方法は「立法へ民意を反映させるにはどうするの?」で説明するよ。

行政へ民意を反映させるには


行政へ民意を反映させる方法には次のようなものがあるよ。
  • 署名活動

  • (地方行政なら)知事の選挙

  • 立法を通じて行政を評価・監視する

  • 司法を通じて行政を評価・監視する

それぞれの方法は「行政へ民意を反映させるにはどうするの?」で説明するよ。

司法へ民意を反映させるには


最近では司法制度改革のおかげで、司法に民意を反映させる方法が増えたんだ。ニュースにもよく出てくるから、ここで整理しておくね。
司法へ民意を反映させる方法には次のようなものがあるよ。
  • 検察審査会

  • 弁護士の懲戒制度

  • 裁判員制度

  • 国民審査

  • 新司法試験

それぞれの方法は「司法へ民意を反映させるにはどうするの?」で説明するよ。

企業へ民意を反映させるには


民意という言葉を使うときは、主に国や地方公共団体に対する意志を表すことが多いんだ。だけど僕たちにとって、企業だって民意を示す相手になると思うよ。
例えば企業が社会活動で貢献したり、逆に社会に迷惑をかけた場合は、多くの人が企業に対して何らかの意思表示を示すことがあるんだ。
ここではそんな意思表示の仕方を見てみよう。
  • その企業の商品を買う/買わないようにする

  • その企業のお客様企業に不買運動を促す

  • その企業の株主になる

  • 裁判所に訴える

それぞれの方法は「企業へ民意を反映させるにはどうするの?」で説明するよ。

(´・ω・`)<民意を社会に反映する方法はいろいろあるんだね

選挙は当然のこと、買い物のように意外に身近なところにも民意を表明する機会があるんだよ。

注意してほしいのは「自分の個人的な意見が民意と同じとは限らない」ことと、「民意が正しいとも限らない」ことなんだ。あたりまえと思うかもしれないけど、気をつけていないと知らないうちにそう思ってしまうんじゃないかな。
同じように「テレビや新聞で言っていることが、必ずしも民意とは限らない」ことも大事だよ。テレビや新聞は伝えることは得意でも、多くの人の意見を集めるのは難しいからね。
僕たちにできることは、「世の中で民意と呼ばれているもの」と「自分の意思」とを区別することじゃないかな。その結論を投票や買い物などの行動に活かせるといいと思うよ。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/59-e8c08039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。