Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C131]

スポーツに体罰はつきものだと思う。何はともあれ、体罰が嫌だったら、始めから、スポーツクラブに入部なんてしない方が良いい。先生の愛情表現ともいえるし、そのおかげで現スポーツ界で活躍しされてる方もいらっしゃると思うし、でも先生そのことで声を上げないのはおかしい。いじめにしても体罰にしても自殺が際立っている。先生だけが悪者扱いだ。体罰に関しては先生が体罰をしていてそれをただ傍観していたというのも問題だ。その連帯責任は当然ある。いじめにしても逃げるとか、自分の意見をぶつけるとかそういう対策を考えないといけない。ただ強い方の意見に偏ってその人をいじめるのではその人も悪者だ。悪者扱されしてる人の意見にも立って考えてワンクッションおけるところが人間のすごいことだ。それができないと動物同然だ。自分たちも起こしうる問題からただ強い方に逃げてるだけのように思える。
  • 2013-09-26 23:36
  • 大学生
  • URL
  • 編集

[C134] 大学生さんへ

コメントありがとうございます。

> 悪者扱されしてる人の意見にも立って考えてワンクッションおけるところが人間のすごいことだ。

まさにその通りだと思います。
体罰をする側が、体罰をされた側の意見に立つだけでなく、
体罰を非難する側が、体罰をする側の意見に立つことも大切ですね。

お互いに相手を尊重するよう努力することこそが、
体罰に頼る機会を減らしていくことにつながると思います。

  • 2013-10-03 05:39
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/6-ffbe23d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

体罰の問題点は?強い指導を認める意見も

(・∀・)<体罰ってなに?
(・A・)<「悪いことをした人をこらしめるために苦痛をあたえること」だよ
(・∀・)<よく学校での体罰が問題になるよね
(・A・)<日本の法律では先生が生徒に体罰を行うことを禁止しているよ
(・A・)<でも東国原知事が「愛のムチ条例、愛ゲンコツ条例ができないのか」
(・A・)<橋下知事も「口で言ってきかないと手を出さないとしょうがない」
(・A・)<――こんなふうに、体罰を認めるような発言が話題になっているよ
(・∀・)<じゃあ今回は、体罰を認める派認めない派の意見を聞かせてよ

(´・ω・`)<体罰はイヤだな

子どもたちから見れば、体罰は「する」より「される」側だから当然怖いよね。
でも最近は「ある程度の強い指導は認めよう」という容認論も出てきているんだ。
ここでは認める派認めない派それ以外で意見を紹介するよ。

先生の意見


(・A・)<子どもは大人を見て育つ。大人が暴力を振るっちゃダメ!
(・A・)<子どもより大人の方が立場も力も強いんだから、暴力は不公平!

(´-`).。oO(体罰があるから問題児でも先生の言うことをきくのになあ)
┐(゚?゚)┌<教師は生徒を殴れない。生徒は教師を殴り放題。やってられないよ

生徒の意見


(・A・)<先生の独善的な正義観を押しつけて暴力を振るわないで!
( ´_ゝ`)<先生なんて怖くないよ。殴られたら訴えてやる。慰謝料で儲けよう

(-_-)<いじめっ子を殴ってでも止めて!先生の代わりに僕が殴ってもいい?
(・ω・ )<「話せばわかる」ならなんで刑務所が必要なの?話せばいいじゃん
(・ω・ )<大人相手にはムリでも、子ども相手ならいいくるめられるってコト?
(´-`).。oO(体罰のかわりに始まった説教が3時間。これもある種の体罰だな)

保護者の意見


(・A・)<親の見えないところで子どもが殴られてたらやっぱり心配。
(・A・)<先生が信用できる人ならいいけど、最近は先生も変な人が多いからね

(・∀・)<うちの子が反抗したらひっぱたいてください!厳しくお願いします!
J( 'ー`)し<私は強く出れないから、かわりに先生が子どもをしてくれて助かる

卒業生の意見


(-_-)<体罰から逃れるために登校拒否。卒業したらひきこもり……
(・へ・)<体罰の件、大人になったら訴えてやろうと思ったのに、もう時効だよ

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) <先生を殴るノリで警官を殴ったら逮捕された。聞いてないよー!
orz<学級崩壊していたせいで志望校に落ちた。。。先生マジしっかりして(涙)

大人の意見


(・A・)<体罰などなくても私は立派に育った。だからなくせるハズ!
(・∀・)<みんながあなたと同じだとは限らないですよ。

(´・ω・`)<ただ体罰をなくすだけでは問題があるんだね

体罰をなくすだけなら、体罰教師を全員極刑にすればなくせるかもしれない。
でもそれじゃ誰も先生になりたがらないし、結果的に生徒のためにもならない

(´・ω・`)<もっと議論が必要だね

それも大事だけど、議論だけで「体罰はいいか悪いか」について結論を出すのはむずかしいし、できたとしても時間がかかると思うよ。

なにより、大人のあいだでさえ体罰について意見が分かれている状況では、子どもの側だって何を信じたらいいのかわからないよね。

たとえば、大人が子どもに「話せばわかるから体罰はいらない」といっても、
子どもは「ならまず体罰賛成派と話し合って合意してみせてよ」と思うし、
逆に大人が「体罰は必要なんだ」って言ったって、
「一人の大人の独善で殴られたらたまらない」と思うんじゃないかな。

(´・ω・`)<まずは大人の意見からまとめる必要があるのかも

きっと誰もが「体罰は、なくて済むならないほうがいい」とは思っているはず。
だとしたら「体罰がいいかどうか」より「体罰をなくすために何ができるか」を考えることで、気持ちを一つにできると思うよ。

そのために、例えば次のようなことも必要じゃないかな。
  • 先生保護者信頼関係を育てる。そのためには‥‥
    • 保護者学校教育に関わる機会を増やす。(例)授業参観の活用など
    • 先生家庭教育に関わる機会を増やす。(例)家庭訪問の活用など

  • 保護者子ども信頼関係を育てる。そのためには‥‥
    • 保護者子どもといる時間を増やし、子どもの生活に興味を持つ
    • 大人が子どもをきちんと叱る

  • 子ども同士つながりを育てる。そのためには‥‥
    • 子ども外で遊べるようにして、塾で身につかない連帯感を育てる
    • 大人子どもと適度な距離を保つ。構いすぎず孤立させない

これが最高の案かどうかはわからないけど、こうした努力はできると思うんだ。
体罰の問題が起きるたびに「何かできることはなかったかな」という視点で問題を検証していけば、できることがどんどん増えていく
その結果として体罰もどんどん減ってほしいと思うよ。



【参考文献】
朝日新聞朝刊(5/3)

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C131]

スポーツに体罰はつきものだと思う。何はともあれ、体罰が嫌だったら、始めから、スポーツクラブに入部なんてしない方が良いい。先生の愛情表現ともいえるし、そのおかげで現スポーツ界で活躍しされてる方もいらっしゃると思うし、でも先生そのことで声を上げないのはおかしい。いじめにしても体罰にしても自殺が際立っている。先生だけが悪者扱いだ。体罰に関しては先生が体罰をしていてそれをただ傍観していたというのも問題だ。その連帯責任は当然ある。いじめにしても逃げるとか、自分の意見をぶつけるとかそういう対策を考えないといけない。ただ強い方の意見に偏ってその人をいじめるのではその人も悪者だ。悪者扱されしてる人の意見にも立って考えてワンクッションおけるところが人間のすごいことだ。それができないと動物同然だ。自分たちも起こしうる問題からただ強い方に逃げてるだけのように思える。
  • 2013-09-26 23:36
  • 大学生
  • URL
  • 編集

[C134] 大学生さんへ

コメントありがとうございます。

> 悪者扱されしてる人の意見にも立って考えてワンクッションおけるところが人間のすごいことだ。

まさにその通りだと思います。
体罰をする側が、体罰をされた側の意見に立つだけでなく、
体罰を非難する側が、体罰をする側の意見に立つことも大切ですね。

お互いに相手を尊重するよう努力することこそが、
体罰に頼る機会を減らしていくことにつながると思います。

  • 2013-10-03 05:39
  • newskids
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/6-ffbe23d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。