Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/60-565deeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生活保護ってなに?〝甘え〟なの?

(・∀・)<生活保護ってなに?
(・A・)<収入が最低限に満たない場合、足りない分を支給する制度だよ
(・∀・)<どうしてそんなことするの? 自己責任なんだから、ほっとけば?
(・A・)<困ったときの助けがあるからこそ失敗を恐れずに挑戦できるからだよ
(・∀・)<実際、いくらぐらいもらえるの?
(・A・)<23区では、高齢者の一人暮らしなら、生活費だけで月8万円だよ
(・∀・)<ホントにもらえるの?
(・A・)<それが、実際は申請に来た人を追い返す〝水際作戦〟もあるんだ
(・∀・)<じゃあ、ホントはもらえないんだね
(・A・)<逆に、保護費をだましとるケースが100億円を突破している一面も
(・∀・)<100億円!? それって、全体の何割ぐらいなの?
(・A・)<生活保護費は年3兆円。しかも受給者数は増え続けている
(・∀・)<そんな状況で、お金はもつの?
(・A・)<その点が、提言型政策仕分けで取り上げられたよ

(´・ω・`)<生活保護ってなに?

収入が最低限に満たないときに、不足する分を支給する制度だよ。
年金医療保険と違って、保険料を納める必要がない制度なんだ。

(´・ω・`)<〝最低限の収入〟って、いくらぐらい?

23区に住む高齢者で一人暮らしの場合、生活費だけで約8万円が目安だよ
生活費以外にも、次のような費用が支給の対象になるんだ。
■生活保護で支給される費目
総額<2.7兆円>(08年度)
 生活費(生活扶助)<9000億円>(生活費は地域ごとに変わる)
 住居費(住宅扶助)<4000億円>
 教育費(教育扶助)<110億円>
 医療費(医療扶助)<1.3兆円>(医療費は全額支給)
 介護費(介護扶助)<560億円>
 出産費用(出産扶助)<3億円>
 仕事をするために最低限必要なお金<90億円>
 葬祭費用(お葬式などに必要なお金)<60億円>

(´・ω・`)<〝不足する分を支給〟ってどういうこと?

これは、働いている人でも、生活保護はもらえるという意味なんだ。
最低限必要な金額より収入が少ない場合、不足部分を支給してもらえるよ。
「生活保護より収入が低い!」という人は要チェックだね。

(´・ω・`)<どうして生活保護が必要なの?

最低限の生活が保障されているからこそ失敗を恐れずに挑戦できるからだよ。

その理念は法律にも支えられているんだ。
まず憲法第25条は次のように定めているよ。
■憲法第25条
すべての国民は、健康文化的最低限度の生活を営む権利を有する

この憲法を守るため、生活保護法には次の原理が決められているんだ。
■生活保護法に定められた原理
国家責任の原理
無差別平等の原理
健康で文化的な最低生活保障の原理

国家責任の原理


国民の最低生活を保障するよう、国には責任があるということ。
それだけでなく保護を受ける人の自立を助けましょうという意味もあるんだ。

無差別平等の原理


考え方性別社会的身分保護を受ける原因などを理由に
保護を受ける人を差別してはいけないということ。
ただし無差別といっても個人の事情を無視してよいということではないんだ。

健康で文化的な最低生活保障の原理


どの程度の保護(支給)が適切なのか?
健康で文化的な最低限度の生活と言っても、誰がどう判断するのか?
この点を問う裁判では厚生労働相が目的に合うように決めるとされたよ

(´・ω・`)<生活保護を受ける条件は?

生活保護を受ける条件を見てみよう。
■生活保護を受ける条件
①働ける人は働く
②車や家など売れるものは売る
③まず身内の人に助けてもらう
④年金や医療保険など他の制度を活用する

①働ける人は働く


自分で働くことが可能な人は、できる限り働くということ。
病気ケガ働き口がないなどで働きたくても働けない人は対象外だよ。

②車や家など売れるものは売る


があれば、ガソリン代や税金がかかるし、
があれば、ローンや税金がかかる
だからこうしたものは原則として売る必要があるんだ。
ただし例外として、
車は通勤に必要などの理由があれば認められることもあるし、
家もローンを払い終わっているなら売らなくて済むこともあるよ。

③まず身内の人に助けてもらう


まずは親・兄弟・子供(扶養義務のある人)に頼りましょうということだよ。
また叔父結婚相手の親戚も扶養義務のある人とみなされることがあるよ。
すると、親戚中に「この人を扶養できますか?」という書類が送られる
そこがネックとなって、生活保護にためらう人もいると言われているよ。

④年金や医療保険など他の制度を活用する


他の制度を利用すれば生活保護を受けずに済む場合もあるんだ。
高齢者なら年金介護保険
母子家庭なら児童扶養手当・児童手当
失業中なら医療保険失業保険などが利用できる可能性があるね。

(´・ω・`)<生活保護の現状は?

生活保護を受給する人約200万人
2009年の調査によれば60歳以上の人が、半数以上を占めると見られるよ

生活保護にかかるお金3兆円
不正に年金をだましとる不正受給が、うち100億円を占めると見られるよ

(´・ω・`)<生活保護の受給者が増え続けているのが気になるね

理由のひとつが高齢化だよ。
1999年~2009年における、受給者数の増加を見てみると
20~59歳の受給者は約1.5倍に増加しているのに比べ、
60歳以上の受給者は約2倍に増加しているんだ。

年金を十分にもらえないお年寄りが、生活保護に頼っていると見られるよ。
(しんぶん赤旗 2012年1月10日)

(´・ω・`)<でも20~59歳の受給者数も増えているね

理由のひとつが雇用の悪化と見られているよ。
関係しそうなデータを2000年と2009年とで比較してみよう。
大学生の就職率56%から68%に上昇
非正規雇用(非正社員)の割合26%から33%に上昇
民間給与の総額216兆円から192兆円に減少
世帯の平均所得620万円から550万円に減少
相対的貧困率15%から16%に上昇しているよ。

■用語のおさらい
<相対的貧困率>(説明、推移、データ
 「世帯対抗・手取りランキング」のド真ん中に位置する世帯の手取りと比べ、
 手取り額が半分に満たない世帯の総人数人口に占める割合
 (ただし〝手取り〟家族一人当たりの実質的な手取りで比較)

(´・ω・`)<生活保護の問題点は?

生活保護には次のような問題があるといわれているよ。
■生活保護の問題点
①生活保護を必要とする人が受給できないことがある
②生活保護の必要のない人が受給してしまうことがある
③生活保護にお金を出す余裕がない
④生活保護を受給する人への偏見が強い

①生活保護を必要とする人が受給できないことがある


生活保護を受給するには、まずは申請が必要。
生活保護法では申請保護の原則として、
国民には生活保護を申請する権利が保障されていると定められているんだ。
生活に困窮する国民はこの法律で保護を請求する権利が保障されており、 この権利の実現は申請に基づいて保護が開始される

ところが、いざ申請書をもらいに窓口へ行ったとする。すると担当者は、
 「扶養義務のある人がいる場合、どうせ生活保護を申請しても認められない」
として、申請書を渡さずに追い返す〝水際作戦〟に出ることがあるんだ。
(朝日新聞朝刊 2008年7月22日)
その結果、申請を拒まれた人が餓死してしまう事件も起きたよ。

けどそもそも、生活保護の申請
本人だけじゃなく扶養義務のある人が行うこともできる
つまり扶養義務のある人がいても受給できる可能性はあるんだ。

②生活保護の必要のない人が受給してしまうことがある


生活保護をだまし取る不正受給1.8万件100億円を突破したよ
内訳は、収入を申告しなかった(56%)、
年金などの申告がなかった(14%)、
収入を少なく申告した(11%)など、収入をごまかすケースが多いね。

こうしたケースでは暴力団がお金をだまし取ろうとしている場合もあるよ
そこで生活保護の窓口に暴力団対策の経験者を置くところがでてきたんだ。

そのため、申請に来た人を脅して追い返すのではないか心配する声もあるよ。

③生活保護にお金を出す余裕がない


生活保護にかかる3兆円は、国と地方が3:1で負担しているんだ。

ところがこの十年、不景気続きで受給者はうなぎのぼり
150万世帯200万人生活保護が支給されている
しかも、生活保護をもらえるのにもらっていない世帯230万世帯もある

こうなると、国や地方の負担が増え続ける可能性が高い。
その結果、水際作戦が横行すれば困った人を助けられなくなる。
だから提言型政策仕分けでも生活保護が取り上げられたんだね

④生活保護を受給する人への偏見が強い


政府の提言型政策仕分けで、次のような発言があったよ。
「(生活保護受給者は)自立した個人ではなく、支えられる人間」
家計管理能力が低い」
最低賃金の適用除外にすれば、(雇うところが出て)就労につながる」
(しんぶん赤旗 2011年11月24日)

(´・ω・`)<〝受給者は自立した個人ではなく、支えられる人間〟なの?

たしかに支えられる人間かもしれない。でも、それは誰でも同じ。
受給者も税金を納めているし、支え合いの一員だと僕は思うよ。

(´・ω・`)<受給者は〝家計管理能力が低い〟の?

生活保護は「家計のやりくりに失敗した」という理由ではもらえないんだ。
「収入が基準額を下回る」のが条件だから、家計管理能力とは別の話だよ。

(´・ω・`)<〝最低賃金の適用除外にすれば、就労につながる〟の?

たしかに働き口は見つかるかもしれない。
でも思い出して。生活保護は保護を受ける人の自立を助けるものだったよね。
最低賃金すらもらえないんじゃ、それこそ〝自立した個人〟とは言えないよ。

(´・ω・`)<年金や最低賃金より恵まれた生活保護は〝甘え〟なの?

たしかに国民年金最高でも約6万6千円だし、
最低賃金生活保護水準に満たない〝逆転現象〟もある。
それでも生活できている人がいるなら、生活保護は恵まれすぎにも見える。

でも生活保護を受けていない人も、やっぱり誰かに支えられているんだ。
「困ったときは助け合おう」という人がいれば生活保護がなくてすむこともある。
逆に「困っている人を知らんぷり」という人ばかりなら生活保護の出番になる。
困っている人を生活保護へとたらい回す現状は、たしかに甘えといえるかもね。

(´・ω・`)<生活保護はもらう方もはらう方も大変なんだね

最近、働きたくても働けない人や、
働いていても収入の少ないワーキングプアと呼ばれる人が増えていて、
「一度失敗してしまうと、二度と成功できない」と批判されているんだよ。

すると国民はピンチに備えてお金を使わなくなり不況が長引いてしまう。

だからこそ「失敗した人にもチャンスを保障する」という生活保護が正しく機能することが求められているんじゃないかな。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/60-565deeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。