Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/62-edee9b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

追求?無視?三宅議員の転倒問題まとめと検証

自民党の甘利明議員民主党の三宅雪子議員を転倒させ、全治3週間のケガを負わせたとして問題になっています。三宅議員は「甘利さんが原因」と主張し、甘利議員は「はめられた」と説明しています。民主党甘利議員の行為を問題視して懲罰動議を提出しました。

この問題に対して「厳しく事実関係を追求するべきだ」という人もいれば、「こんなことは話題にするほどのことでもない」という人もいるなど、様々な意見があります。
今日はこの事件の経緯を説明し、どう対応すべきなのかを考えます

(´・ω・`)<まずは経緯を教えて

この事件の現時点までの経緯は次のとおりだよ。


(´・ω・`)<本当に甘利さんが三宅さんを転倒させたの?

じゃあ実際に三宅さんが転倒したシーンを見てみよう。
動画URL


甘利さんが初鹿さんを押したのは事実だけど、そのせいで三宅さんが転倒したのかはっきりしないように思うよ。

(´・ω・`)<三宅さんはなんていってるの?

三宅さんの主張から一部抜粋したよ。

背後から不意に押されて前のめりに倒れる格好となったわけです。
その原因となった議員ご本人が、私に関して心ない批判をされていますが、断じて自ら倒れたわけではないことを強く申し上げます。
(略)
全治3週間、車椅子もしくは松葉杖の使用を必要とするとの診断書をいただいている
(略)
私は院内で大袈裟に思われるのを避けるため、車椅子の利用を固辞したのですが(略)車椅子の利用を周囲から勧められた


また日本テレビの情報番組「スッキリ!!」で、三宅さんに電話インタビューをしていたよ。


(´・ω・`)<甘利さんはなんていってるの?

甘利さんの主張から一部抜粋したよ。

私の視野の外から三宅議員がダイビングをするかの様に前に倒れこんできました
一瞬、私は何が起こったのか判らず、ぼーぜんとしましたが、三宅議員が私の方を見ながら「ひっどーい!」と叫ぶものですから、「えっ?オレのせいなの?」と虚をつかれた様になりましたが、たちまち、私の行く手をふさいでいた十数人の民主党新人議員に罵倒され小突かれるという事態になりました。
瞬間「しまった、、、はめられた。」という思いが頭をよぎりました。カメラが入っている中で映像を作られた。という思いでした。


(´・ω・`)<何が問題なの?

ここでは論点を次のように絞って考えてみよう。
  • (1)甘利さんのせいで三宅さんが転倒したのか

  • (2)甘利さんへの懲罰動議は妥当か

  • (3)三宅さんの転倒をパフォーマンスに利用してないか

  • (4)世間はこの件を追求すべきか、黙殺するべきか


(1)甘利さんのせいで三宅さんが転倒したのか


ここは三宅さんと甘利さんとでもっとも主張が食い違っているところだね。
実際に映像を見ても、初鹿さんがあいだに入っているため因果関係がわかりにくくなっているよ。
さらに自民党の馳議員共産党の宮本議員は、三宅さんが「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・・」と言っていたと主張しているけど、三宅さんは「そのような事実はありません」と否定しているんだ。

ただ、三宅さんは「押したのは甘利さんだ」とは言っていないし、甘利さんも「三宅さんを押したのは自分だ」とは言っていないよ。三宅さんの秘書は「後ろから誰かに押されたものの、本人が見ていないため分からない」といってるから、個人的には「三宅さんの転倒の責任が甘利さんにあることを立証するのはかなり難しい」と思うよ。

(2)甘利さんへの懲罰動議は妥当か


まず懲罰動議の根拠「初鹿さんへの暴力」なのか「三宅さんへの暴力」なのかで意味が変わってくるよ。

「初鹿さんへの暴力」が根拠なら、次の点への説明が必要になるね。


「三宅さんへの暴力」が根拠なら、甘利さんが三宅さんに暴力をふるったことを証明する必要があるね。

どちらにせよ、懲罰動議を提出するからには民主党にはその根拠を示す責任があると思うよ。

(3)三宅さんの転倒をパフォーマンスに利用してないか


次のような理由で、「今回の件をパフォーマンスに利用して同情を買おうとしている」と疑う人もいるよ。


[1]を証明するためには「(1)甘利さんのせいで三宅さんが転倒したのか」の逆を証明する必要があるから、これも難しいね。
[2]については「(2)甘利さんへの懲罰動議は妥当か」に対する説明を民主党に期待したいな。
[3]については三宅さん自身が次のように説明しているよ。

私は院内で大袈裟に思われるのを避けるため、車椅子の利用を固辞したのですが、松葉杖の使い方に慣れておらず歩行に時間がかかりすぎたため、車椅子の利用を周囲から勧められたわけですが、誤解を避けるためにも取材の際に降りるべきだったと悔やまれてなりません。

「車椅子を使うべきではなかった」と考える三宅さんに車椅子を使わせた理由が、「そのほうが三宅さんがかわいそうに見え、甘利さんを悪モノにできそう」という思惑だとしたら問題だと思うよ。

(4)世間はこの件を追求すべきか、黙殺するべきか


ここはネットやテレビなどでもいろんな意見に分かれているところだね。
「追求すべき」という人には「どう見たって自作自演だ!懲らしめてやる!」というニュアンスを感じるな。
一方「黙殺すべき」という人には「こんなことしている場合ではない!自作自演だとしても、そんなことで世論は変わらないことを示すためにも黙殺すべき!」という意見が多いように思うよ。

でも、僕はきちんと追求すべきだと思うよ。

(´・ω・`)<でも今の日本は大変だから、この問題は見て見ぬふりしたほうがいいんじゃない?

ところがそうもいかない事情があるんだ。

というのも、民主党はこの問題で懲罰動議を提出したよね。ということは、少なくとも民主党は「この問題は国会で審議する必要がある」と考え、国会の場で審議する時間を用意したいと考えているってことじゃないかな。だから僕たちが見て見ぬふりをしてしまえば、この問題のために国会の貴重な時間を使うことになってしまうんじゃないかと心配なんだ。

それに「こんなくだらない問題」だと思うなら、どうしてこうなったのかをきちんと検証して、もう二度と同じような問題が起きないようにする必要があると思うよ。

でないと、「こんなくだらない問題」がまた起きて強行採決というもっと重要な問題が再びうやむやにされてしまいかねないからね。

(´・ω・`)<でも「そんなことしてもトクしないですよ」とだけ示せばいいじゃない?

確かに、その方法でも一見すると表面上は同じ結果が得られるように見えるかもしれないね。
だけど一般的に、道徳を抜きで損得のみで出した結論思わぬところでしっぺ返しをくらうなど、人の手に余ると思うんだ。

今回のケースなら、まずは自作自演や誇張が事実なら「そんな恥ずかしいことをしてはいけません」と諭し暴力が事実なら「そのやり方は間違っている」と怒るべきなんじゃないかな。
その上で、なぜいけないのかを説明するために「そんなことをしても意味がない。むしろ思いもよらないところで問題が増える」ということを示すことが大切だと思うよ。

そうしないと「自作自演や暴力でも、トクになるならやってもいい」という誤った印象を与えることになりかねないし、何より誠実に生きている人が報われないよね。
自分の損得を抜きで誠実に生きている人たちの考えを支持するためにも「トクしないからやめなさい」という説得だけではいけないと思うんだ。



【参考】
痛いニュース「「かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした!」 民主・強行採決で倒れた三宅氏、車イスで国会へ→自民党議員に懲罰動議も」
痛いニュース「転倒の三宅氏、生電話出演 加藤・テリーに突っ込まれしどろもどろで「あのー」連発…日テレ・スッキリ!!」
痛ニュー速報!【転倒疑惑】民主党・三宅議員、「スッキリ」の生電話出演で加藤浩次に論破され過ぎてタジタジに…テリー伊藤に助けを求めるもバッサリ切り捨てられる。
【ネトウヨにゅーす。】「民主党・三宅雪子議員、TBS『朝ズバッ!』でみのもんたにヤラセと言われショック」
【痛ニュー速報】「【政治】民主・三宅議員の転倒騒動、甘利議員への懲罰動議が廃案に」
【ニュー速クオリティ】Tシャツ販売のClubT。三宅雪子議員から販売停止の内容証明届く
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/62-edee9b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。