Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/67-84e652ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【口蹄疫まとめ】私たちにできること

宮崎県で口蹄疫が流行し、牛や豚の殺処分が進んでいます。
畜産農家の人たちは育ててきた牛や豚を殺さなければならず、とてもショックを受けています。

これは宮崎だけの問題ではありません。なぜなら宮崎の牛や豚はブランド価値も高いので国内だけでなく海外からも注目されていますし、感染が広がれば他の地域でも同じような問題がおきるからです。
では、私たちは今回の問題で何ができるでしょうか。今回は私たちにもできることを探してみます

(´・ω・`)<僕たちにもできることがあるの?

「僕たちにもできること」として、次のような活動が提案されているよ。
  • 募金

  • ふるさと納税

  • 宮崎県のものを買う

  • 現地に物資を送る

  • 風評被害をなくす

  • 友達や家族と話してみる

募金


コンビニ・スーパーでは募金を始めているよ。
また銀行でも義援金を募集していて、63の地方銀行の窓口で振り込めば手数料がタダになるよ。募金の前に最新の情報も確認してね。
2010年5月23日時点の情報
名義:社会福祉法人 宮崎県共同募金会
口座:宮崎銀行本店営業部 普通預金 口座番号1062303
期限:2010年7月30日まで


募金のよい点「お金ならいくらあっても相手が困ることはない」「すぐに使える」ということだね。
一方、課題「なににどう使われるのかよくわからない」「窓口が分散するので管理が大変」「募金を名乗る詐欺もある」などが挙げられると思うよ。

面白いのは、Twitterでも募金ができることだね。宮崎口蹄疫被害支援ツイッター募金では、「つぶやきを投稿して1円を募金できます」という企画をやっているよ。

ふるさと納税


ふるさと納税は、すきな自治体に寄付した金額に応じて所得税などが減税される仕組みだよ。
宮崎県に「口蹄疫に使って」というふるさと納税が増えていて、5月18日の時点で1800万円の寄付が集まっているそうだよ
現在は1日約200件の勢いで「対応が追いつかない状態」(同課)だ。
申込金額は1万?2万円が多く、中には20万円の“大口”も。県外からの寄付が約9割を占め、東京都や大阪府、愛知県、千葉県、神奈川県など都市部からの申し出が多いという。(略)
これまで1人で処理をしてきた財政課の担当者は「大変ありがたい。こんなに県のことを思ってくれる人がいたとは」と感激している。寄付は県の口蹄疫対策に活用される。

申し込みはインターネットでもできて、寄付は5千円以上からだよ(5千円は手数料)。
ふるさと納税のよい点「減税もされるので個人の負担が少ない」「行政が実施しているので比較的信頼できる」などがあるよ。
一方、課題として「手数料に5000円かかるので、少額では寄付しにくい」「希望した用途に使われるとは限らない」などがあると思うよ。

現地に物資を送る


ネットではバスタオルを送る活動が行われているみたいだね。【踊る!宮崎大捜査線】さんでは「【重要】今後のご発送のお願い【拡散希望】」として次のようなことが書かれているよ。
今回のバスタオルのご提供につきましては、かなりの反響をいただき、実際のところ驚いております。(略)
来週水曜日(5月 19日)到着分で、一度締め切り、届いたタオルの量を確認したいと思います。
タオルの数を確認し、対策本部とご相談の上で、2次募集を行いたいと思います。

【ネトウヨにゅーす。】さんでは「口蹄疫 募金やらタオル送付が広まって効果がでてるぞ おまえらGJ!」 という記事が紹介されているよ。

物資を直接送る方法のよい点「お金がなくても支援できる」「家にあまっているものを再利用できる」などが挙げられるよ。
一方、課題「『何が必要?』を伝えられない・わからない」「イメージしていたものと違うものが届くこともある」「届くまでに時間がかかる」「量が多すぎても困る」などがあるんだ。

今回みたいに、直接「これが必要なので送ってください!」と訴えられるようになったのはネットのおかげかもしれないね。
そうでない場合、一般的には物資を送るよりも募金などでお金を送るほうが喜ばれることが多いみたいだね。

宮崎県のものを買う


「買い物は投票だ」って聞いたことがあるかな。たくさん売れるモノは優遇されるし、そうでないモノは消えて行くよね。これは僕たちが「良い商品を作るヒトはこれからもがんばって!そうでない商品を作るヒトは見直して!」という意思表示をした結果なんだ。意思表示の結果が商品の命運を握ることから、買い物は投票に例えられるんだよ。

僕たちは普段なにげなくモノを買っているけど、もし「宮崎の商品を積極的に買います」と心がけるなら、それは宮崎の人たちを支援することになるんだ。

そうした消費者の気持ちにこたえようと、実際に東急ストアでは5月29日から6月1日まで「がんばれ!宮崎県フェア」を開催して、宮崎県産のマンゴーや芋焼酎といった特産品を販売する企画をしているよ。しかも売上金の一部は畜産農家の支援にまわすんだ。日本チェーンストア協会でも、募金やイベントで支援する方針だよ。

この方法のよい点「心がけがあれば普段からできる」「公正取引委員会や世界貿易機構に怒られずに国内産業を保護できる」などの点が挙げられるよ。
一方で、課題「そうはいっても予算の都合もある」「大勢でやらないと効果がない」などがあるよ。
今回の件をきっかけに、買い物の時は投票に参加する気持ちを持てるようになったらいいなと思うな。

風評被害をなくす


口蹄疫は2010年5月23日の時点ではヒトには感染しないよ。口蹄疫に感染した家畜の肉は味が落ちるけど、食べて悪影響があるわけではないんだ。
だけど「『宮崎産の肉は危険だ』という消費者だっているんじゃないか?」と心配するスーパーなどが、「宮崎産の肉は置きません」のような扱いをすることがあるんだ。
こうした根拠のないうわさや憶測等で経済的被害などが起こること風評被害とよび、関係者がとても恐れていることなんだ。

僕たちには、その販売店の客として「こうした誤った認識にもとづく差別はやめてください!」ということもできる思うよ。
ただ、幸い今回の問題では風評被害はあまり起きていないといわれているよ。

友達や家族と話してみる


2010年5月30日の朝日新聞朝刊の教育面に「口蹄疫 向き合う子たち」という記事が紹介されていたよ。
記事では被害地域の小学校の子供たちがこの問題を通じて「畜産農家の思いに涙」したり「生きる現実・支え合い」を考えるきっかけにする授業が取り上げられているんだ。

この記事で紹介されている【教師修業・記録帳】さんには、「口蹄疫の授業 全国でしてみてください」として「『想い』は、『重い』ということ」を「全国の子どもに知ってもらいたい」としているよ。
こうした活動が広まって、この問題でショックを受けた畜産農家や関係者の人たちに「自分たちに関心を持ってくれる人がこんなにいるんだ」と思ってもらえたら、それが少しでも心の支えになればいいなと思うよ。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/67-84e652ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。