Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C69] クジラが減った原因て・・・

元々クジラが減った原因の一つは欧米人の乱獲が原因。
特に近世の西太平洋上で彼らは、クジラの脂を燃料などに使うため捕鯨をしてきた歴史がある。
その当時は、クジラは脂を取ったら他の部分はは捨てていた。
日本のようにクジラのほとんどすべてを利用してきた歴史とは、程遠い文化的歴史を持っている。
またアメリカ、「自国の少数民族の文化保護」を理由に、一角鯨やシロナガス鯨等の特に数の少なくなっている、鯨の捕鯨を最近までしていた。
(自国の捕鯨は文化を守るためOKで、日本や他国のの鯨文化はNGって、自分勝手すぎないか?)
それに、鯨が頭が「良い」とは通説であり、確定的な科学的証拠は今のところ確認されていない。
確かに鯨は音波で鯨同士の意思の疎通をしている様だが、その実態については未だすべて解明されているわけでは無い。
また人間と会話できるほど、頭が良いと科学的に証明されている訳ではない。
全ては、某学者様の内容が科学的に証明もされていない、不確かな論文を根拠に作りだされた妄言に近いのが実情。
しかも最近の捕鯨反対の理由が「かわいそう」て、なんとも感情的な理由。
相手の歴史文化を知ってそれを尊重するという事など微塵も考えず、ただただ自分の文化と価値観を押し付けてくるといった、高圧的な態度。
いかにも欧米人が考えそうな、特有の独善的、差別的な考えが透けて見えてくる、嫌な事象の一つかなと思う。


余談だが歴史上アメリカは、日本に開国を要求してきた理由の一つに、「捕鯨船の補給」のため開国を要求してきたという過去があります。
  • 2012-07-05 17:28
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/70-cde8a065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クジラ守って人殺す?クジラ保護活動が凶暴化

日本ではクジラを食べる習慣があり、今でもスーパーなどでクジラの肉を買うことができます。
ですが「クジラが絶滅しそうだ」といって反対する国もあります。
そこで国際捕鯨委員会(IWC)商業捕鯨を禁止します」と決め、日本を含む多くの国が守っています。


「クジラを捕まえない」という一方で、クジラを守るためにはクジラについて知るにはクジラを捕まえる必要もあります。
そこで「調査のための捕鯨は認めます」というルールがあり、日本はこの調査捕鯨を行っています。

しかし「調査捕鯨といいながらクジラを殺すのはよくない」として抗議する声もあります。
なかでもアメリカの「シー・シェパード」という団体は、調査捕鯨を行っている日本の船に勝手に乗り込んできたり薬品の入ったビンを投げるといった危険な抗議活動をしています。

こうした行為は捕鯨に反対する国からも批判されており、国際捕鯨委員会「海の安全を脅かす行為」とシー・シェパードを名指しで非難したことで今後の展開が注目されています。

(´・ω・`)<どうしてクジラのことでもめているの?

昔は日本アメリカオーストラリアなどの国が捕鯨をしていたんだよ。
だけど1960年代から「クジラが減っているので捕獲できる量を制限します」と決められたんだ。
すると捕鯨で暮らしていくことができなくなり、アメリカオーストラリアなどの国は捕鯨をやめたんだよ。

また、そのころから自然を大事にしようという考え方が広がり、「クジラをとるなんてかわいそうだ」という意見が増えてきたんだよ。
それで捕鯨に賛成する国と反対する国が対立するようになったんだ。

どんなことでもめているのかは「【捕鯨まとめ】捕鯨に賛成?反対?両者の意見を紹介」で紹介するね。

(´・ω・`)<たくさんの意見があるんだね

この問題はとても多くの議論を呼んでいるんだ。
なかには犯罪行為で抗議する「シー・シェパード」のような組織もあって、国際問題にもなっているんだよ。

でも、そもそも「クジラを守るために人間同士が傷つけあう」なんておかしいよね。
賛成派も反対派も「クジラがいなくなると困る」という点では同じ気持ちなんだから、お互いに相手を憎むよりも相手を理解する姿勢が必要だと思うよ。



【関連】
【痛いニュース】拘留中のシーシェパードメンバー「日本は憎むべき国じゃなかった。代表のやり方は間違ってる。家族に逢いたい」
【痛いニュース】「グリーンピース活動家、マグロ漁を妨害→怒ったフランス漁師がモリで突く」
【ニュー速クオリティ】拘留中のシーシェパードメンバー「日本は憎むべき国じゃなかった。代表のやり方は間違ってる。家族に逢いたい」
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

[C69] クジラが減った原因て・・・

元々クジラが減った原因の一つは欧米人の乱獲が原因。
特に近世の西太平洋上で彼らは、クジラの脂を燃料などに使うため捕鯨をしてきた歴史がある。
その当時は、クジラは脂を取ったら他の部分はは捨てていた。
日本のようにクジラのほとんどすべてを利用してきた歴史とは、程遠い文化的歴史を持っている。
またアメリカ、「自国の少数民族の文化保護」を理由に、一角鯨やシロナガス鯨等の特に数の少なくなっている、鯨の捕鯨を最近までしていた。
(自国の捕鯨は文化を守るためOKで、日本や他国のの鯨文化はNGって、自分勝手すぎないか?)
それに、鯨が頭が「良い」とは通説であり、確定的な科学的証拠は今のところ確認されていない。
確かに鯨は音波で鯨同士の意思の疎通をしている様だが、その実態については未だすべて解明されているわけでは無い。
また人間と会話できるほど、頭が良いと科学的に証明されている訳ではない。
全ては、某学者様の内容が科学的に証明もされていない、不確かな論文を根拠に作りだされた妄言に近いのが実情。
しかも最近の捕鯨反対の理由が「かわいそう」て、なんとも感情的な理由。
相手の歴史文化を知ってそれを尊重するという事など微塵も考えず、ただただ自分の文化と価値観を押し付けてくるといった、高圧的な態度。
いかにも欧米人が考えそうな、特有の独善的、差別的な考えが透けて見えてくる、嫌な事象の一つかなと思う。


余談だが歴史上アメリカは、日本に開国を要求してきた理由の一つに、「捕鯨船の補給」のため開国を要求してきたという過去があります。
  • 2012-07-05 17:28
  • 名無しさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/70-cde8a065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。