Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/86-f8ff77c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

06/03のツイートまとめ

news4kids

ブログ更新→「日刊こどもニュース | 【まとめ】ニュースでおさらい!民主党政権のこれまで」 http://ie.to/?52860
06-03 20:59

ブログ更新→「日刊こどもニュース | 【まとめ】ニュースでおさらい!民主党政権のこれまで」
06-03 20:05

【バブル中国 日本に学べ】中国で日本のバブルを反面教師にする見方が広がる。だが理解は十分でなく、プラザ合意での円高容認が長期停滞につながったという単純な見方が多い。これが米国からの人民元切り上げ圧力に反発する材料になっている。政策で不動産バブルを抑制しても「別の市場に向かうだけ」
06-03 20:03

「首相を見直せ」「いやいや、総選挙で与党を見直せ」という議論があるが、元を正せば昨年の総選挙で国民が選んだ党であり首相のはず。国民の「審美眼」が変わらないまま、形ばかりの見直しをしても画竜点睛を欠く。まずは国民自身が昨年の総選挙での行いを振り返って、次回の選挙に活かすべきだと思う
06-03 08:21

新首相の所信表明演説などに押され、会期延長しなければ法案審議は残り三日ほどしかない。衆院で審議中の法案は継続審議できるが、参院で審議中の法案は慣例で廃案。参院へ送付済みの「温暖化法案」「公務員改革法案」「郵政改革法案」は、強行採決で焦って参院送りにしたために廃案になる可能性が高い
06-03 08:11

米は「次期政権で辺野古が覆ったら大変!」と懸念するが、米自身も首相辞任の引き金を引いた張本人の一人。もともと「地元の反対があれば同意できない」としていたのに、最も地元の反発が強い場所を選んだ時点で、こうした事態も予見できたはず。日本政府の進め方にも問題はあるが、米も第三者ではない
06-03 08:03

吉永みち子氏と大谷昭宏氏は「社民党は代替地を探す努力を何もしてこなかった」というが、少なくともテニアンの同意がある。「何も」していないは言い過ぎ。大谷氏は「まずは県外を模索。時間稼ぎ後に国外を探すべき」というが、それをしたらしたで「国外を目指す気があるのか!」と批判されるのは明白
06-03 07:59

検察審査会が小沢氏の政治資金規正法を審査する際、幹事長辞任が判断に影響を与えるという憶測がある。だが小沢氏の側近は「環境が整えば首相をやる気持ちもある」とのこと。「幹事長を辞任したことで一定の責任を果たしたし、説明責任も軽減された」という見方は正しくないし、問題を解決できていない
06-03 07:55

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと書いて!」と思ったら押してやってください(クリックで別ウィンドウが開きます)

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://news4kids.blog66.fc2.com/tb.php/86-f8ff77c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このカテゴリーに属する他の記事

Appendix

フリーエリア


検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

カテゴリ

タグリスト

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。